『結婚はまだか!』のプレッシャーにイラついてませんか?

湯川です。

読者さんからこんな相談を頂きました。

36歳独身女性です。

3月末に実家に帰った際、親から「結婚はまだか!」とうるさく言われてウンザリしています。

この数年実家に帰るたびにこの調子なので本当に参っています。

いやー、大変です。お察しいたします…。

この手のお悩み、多いと思います。

結婚だけじゃなくて「子どもはまだか!」という親のプレッシャーを感じている方も、いらっしゃるかもしれませんね。

親がうるさく言って来るホントの理由

誰でもいいから結婚しろとか、取りあえず子どもだけでも作れとか(笑)

言われれば言われるほど反発したくなったり、無駄に焦ってうまくいくものも行かなくなったり…。

そもそもなんでご両親は、そこまで結婚!結婚!と言って来るのか?

あなたはどう思いますか?

これはたった一つだと思うんですよ。

それは「親はあなたより先に死ぬ」

だから…

「自分たち親が死んだ後も、幸せに生きて欲しい」

この一念なんだと思うんですよ。

それはまさに、親の愛と責任感なんですね。

お互いの思いを肚割って話す

でも、ヤイヤイ言われている側からすると「親の勝手な都合」とか「親の体裁の為に結婚させようとしている」とか思っちゃう訳ですよ。

でもね、それホント違いますから〜。

ただそうは言っても、納得は出来ないと思います。

ですので私からお勧めするのは、親と肚割って対話すること。(意外とオーソドックスですいません💦)

どういう選択をしても、それは自分自身の人生ですから、自分が責任を引き受けるだけのこと。

でも対話もせず一方的にはねつけるのではなく、なぜそんなに結婚を進めて来るのか、一度キチンと双方、お互いの思いを話し合うことだと思うのですよ。

もしかして親御さんが結婚が遅かった事で、苦労した人を見て来たのかもしれないし、何か親御さんなりの理由があるかもしれないし、無いかもしれない。

はねつけるのも、親を批判するのも、私は全然いいと思います。

ただ、まずは親の思いを聞いてみてからでも遅くはないのでは?と思いました。

同じ役割が廻って来る法則

「そんな話しをするのもイヤ!」そんな声が聞こえて来そうですね〜(笑)

他人はアナタを追い詰めるようなことは言いません。

一見優しいように感じるかも知れませんが、それは責任がないからですよ。

だからいくらでも優しく言えるのです。

そもそも親を恨んでいると、将来結婚して親になったら、子どもから恨まれるという未来が待っているので(同じ役割がまわってくる法則ね)

無意識に結婚できないような現実を引き寄せます。

既婚者ばかり引き寄せたり、お見合いで気持ち悪い人が来るとか、最初は良くてもフラれるという現実を作ったりね。

なぜならば無意識下で、将来恨まれることを知っているからですね。

ホント潜在意識すげー!

これとは別に・・・

「親の期待に応えるべきだ」「親をガッカリさせてはいけない」こんなふうに考えて自分を責めてしまうのであれば、これは深く見て行った方がいいです。

つまりこう思ってしまうのは「私の期待に応えろ!」「私をガッカリさせるな!」が最初のスタート。

だからこのお姫様のような思考を、修正していくことが必須ですねー!

でないと理性で「そんなことを思ってはイケナイ」と押さえつけた所で、その思いは沸々と湧いて来るのですから…。

そのことで、何より自分が一番苦しいですよね。

だから今こんなことが起こっているなら、むしろチャンスなんですよ!!

親の思い、自分の思い。

それらをちゃんと分かったうえで、思考の修正をしていき、折り合いつけて行きましょう。

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師