自己犠牲的にやり過ぎていませんか?

夫や彼に尽くしすぎたり、お世話ばかりしてしまう。

子どもが王様のようになり、親の方が振り回されてしまう。

カラダを壊す程、自己犠牲的に仕事をやってしまう。

これ、ぜーんぶ
「やりすぎてしまう自分がいる」ってことなんですよね。

セラピスト・カウンセラーも、クライアントに介入しすぎて、燃え尽きてしまう方がいらっしゃいます。

今日はこれについてお伝えしていきますね。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

あなたが自己犠牲的にやり過ぎ・尽くし過ぎてしまう理由


そもそも何で、相手にやりすぎてしまうのか?

「境界線をキチンと引けばいいだけなんじゃないの?」

これでクリアできる人ならオッケー!
でもほとんどの方が、頭でわかっていても、相手にやり過ぎ・介入しすぎてしまう現実があります。

というか介入し過ぎているということにすら、気づいていないことも…。

自己犠牲的に尽くし過ぎてしまう思考ー相手に寄り添うべき?

セラピスト・カウンセラーの場合で言うと

「クライアントに寄り添うべき」
「クライアントの話をキチンと聞くべき」
「クライアントを全面的に受け入れるべき」

このような思考があるから。もちろんセラピスト・カウンセラーだけでなく、対人援助職と言われる、看護師、保育士、教師、福祉士などの職種の方には、上記のような部分は当然求められます。

ただ、自分がボロボロになるくらい過介入になるのは、上記の思いが「過剰」になることで起こってしまっているから。

その理由は何か?

そう子どもの頃の親に対する思いに行きつくのです。

もうね、どうしてもここに行き着いてしまうんですよね(笑)人間関係のルーツは全てここからスタートします。

自己犠牲的に尽くし過ぎてしまう思考ー親への怒り

子どもってビックリするようなことで、親に不満や、怒りを持ちます。

大人から見ると、全然ひどいことでなくても「ヒドイっ!」って感じるんですよね。

単純に「居てほしい時に居なかった」「欲しい時にもらえなかった」「今すぐやってくれなかった」。
それだけのことで「私は大切にされなかった」「親のくせにアリエナイ」と思うわけです(苦笑)

他にも幼稚園に行く時に、洋服や持っていくものをキチンと親が準備してくれなかったり、気を付けたりしてくれないことで、親をうらみ「親としてやるべきことをやってない」などと当然のように思ったりしているわけなんですよ~。

その怒りがあるからこそ

「弱い者は助けるべきだ(私は助けてもらえなかったから)
「世話をすることは愛だ(私は世話してもらえなかったから)

こんな思考になっているわけなのです。

だから相手に尽くしたり、世話をせずにはおれないの。

「可愛そうな私」を相手に投影しているだけなんですね。

自己犠牲ー世話ばかりしている人が持つ思考

単純に「境界線を引けばいいんじゃない」と言っても出来ないのは、その部分がクリアになっていないからなんです。

境界線の引き方が分からない、じゃあないの!子どもの頃の「私は可哀想」という未消化な思いですね。これが未だにあなたに影響しているってこと

別にセラピストやカウンセラーだけじゃないですね。

人の世話ばかりにかまけている人は、自覚していよが、してなかろうが、心の中のチャイルドが「私を世話して欲しい」が相当強いんだ、ということなのです。

今どれだけ働き者であったとしても、周りに世話しないといけない人が多い人の場合、最初のスタートは「もっと私のことを世話して!」です。

ここをハッキリ認めないと前に進めません。

自己犠牲の原因と心理

自分が誰よりも、世話されたかった。

だから今自分の周りに、世話すべき人をたくさん作って、過去母親にやって欲しかったことを、今自分が「理想の母」になってやっている、ということなんです。

何よりの勘違いが
「私は世話してもらえてなかった」「大事にしてもらえてなかった」

ココね!これをガラリと修正していくと、人生、マジラクになるから(笑)

自己犠牲で尽くし過ぎた結果

リーダーと呼ばれる人や子供を持つ親御さんは、自分の中のチャイルドをよくよく整え、成長させておかないと、部下や子供の世話にばかりかまけて、自分のことを後回しにしてしまいます。

つまり、人の世話をすることに、どっぷり依存している状態なのです。

その結果、相手をどんどんダメにしていき、自立成長させることが出来ません。

理由は自立成長させないほうが、相手の世話を焼き、自分の価値が上がるように感じるから、なんですけどね。

ダメンズを作ってしまう女子も全く同じ。

尽くしてばかりいるのは「尽くしてほしい」が相当あるから。だから自己犠牲をしてまでも、相手に尽くしたり面倒みたりするわけですね~。

自己犠牲で尽くし過ぎ・世話し過ぎな人がやるべきこと

なのでやることは3つ。

1、自分は相当世話をされたかったのだと認めること!

2、自分自身の幼いチャイルドを躾け直すこと!

3、誰かに求めるのではなく、自分が自分を満たしていくこと。自分の世話は自分がやっていくこと。

これが出来ると、自分の人生を良くすることのみならず、自分の周りの方の幸せにも貢献できるようになるのです。

世界は自分の鏡だからね!


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!