幸せを阻む心のブレーキ!怒り恨み心を点検する

自分で自分を幸せにし、
お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!

パートナーシップ心理学アカデミーの
湯川央恵です。

 

頭では、幸せになりたい!素敵な恋愛や結婚をしたい!

そう思っているのに、しんどい恋愛や結婚を繰り返し
まるで自分から進んで
不幸になるような人とばかり付き合ってしまうのは
一体なぜなのでしょう・・・。

それは男運が悪い訳ではないのです。

性格に問題があるわけでもない。

「幸せになる事への抵抗」が心の中にあるんですね。

4662c66c7e01836dc11f0b4cf24f3e70_s.jpg

そういうと
「湯川さん、そんなワケありません!めっちゃ幸せになりたいんですっ!」
と怒られそうですが
3000人もセッションをしてくると
どれほどそういう人が多いかを痛感します。

クライアントのMさんは、まさにこのタイプでした。

美人で頭も良く、有名企業に勤めているMさんの悩みは
「結婚出来ない」

正直Mさんは美しい方ですから
沢山のイケメンからもアプローチがあるのです。

向こうから「好き」と言われて付き合うのですが
どれもこれも最後にはフラれてしまう。そして結婚には至らないんですね。

フラれるパターンは
彼女が相手に対して感情をぶつけ過ぎてしまうということ。

そう、彼女は
心の奥に怒りをためていたんですね。
それをパートナーにことごとくぶつけていた・・・。

彼女とのセッションで出て来たのはお母さんとの関係性でした。

幼少時から自分の自由になったことは一度もない、というMさんは
進路はもちろんのこと習い事も、食べるお菓子も、友達さえも
すべて母親の指示があったんですね。

661e2d155ebda60fbdf1c64817f13498_s.jpg

幼いころから「お母さんの言う通りやっておけば間違いないのよ」
と言われ続けたMさん。
反論する選択肢など、当時は無かったそうです。

そしてお母さんは近所にMさんの自慢をするんですね。

「〇〇高校へ入った」

「〇〇会社へ入った」

「〇〇の仕事をしている人と付き合っている」等など・・・・。

まるで母の外面の為だけに利用されているような…。

そうです。
Mさんは結婚しないことで母親に
これ以上お前の思い通りにはさせない!!と、無意識で反発していたのです。

進学、就職、

何から何まで口出ししてきた母親に対し
最後の最後、結婚まで母が用意した就職先で見つけたとなったら、
結婚後もずっと支配され続ける・・・。

「これ以上、お前の道具にはならない!

「お前の思い通りには絶対させない!」

抑圧し続けた母親の思い通りにさせないことで
恨みを晴らしていたのです。

 

脳

もちろんこれは無意識の領域
頭で理解して、やったことではないのです。

だからこそ、自分がどうして
結婚できないのか、全く分からなかったんですね。

これまでずっと母親に反抗できなかった
その怒りや恨みの思いが

自分が不幸になることで、お前の育てた仕上がりがコレだ!と
恨みを晴らす事ができた

というワケなんですね

しかしセッションで明らかになったのは
母親が自分を抑圧して自分は自由が無かったと思っていたけど

実は、自分で「何かを決める」ということをやって来ず
母親の言う通りやっておけば、ラクで
何かあっても母親の責任にすることが出来る。

こんな風に思っていたんですね〜。

自分の本当の姿を見るのがイヤだと「親のせいで」という隠れ蓑で
綺麗に被害者に収まることができる。

怒り・恨み・妬み心は重い!

そんな重い砂袋を背負ったまま、幸せにはなれません!
幸せってもっと軽やかなものですから。

それにしても…

自分の無意識に持った思い込みで
自分を不幸にし続けてしまうなんて

切ないです・・・。
あまりにも切なすぎる・・・。

「幸せになる事への抵抗」と言いましたが
つまるところ
「親への恨み心」ということなのです!

そんなものがあるのか!と思った方は
Mさんの事例を読んでみて、どのように感じられたでしょうか?

どんなに合コンに行っても
どんなに相手を変えても、結果は同じ。

自分の中にある「親への怒り、憎しみ」にフォーカスしないことには
何も変わりません!

エセ感謝も、上っ面のありがとうも
やめてください。

そんなことをしているから、余計にこじれるのです。

こじらせて、誰かに自分の気持ちをぶつけたり
受け止めて貰おうと必死になったり
そんなことになってしまうわけです。

感謝って自然に湧いてくるものなのです。
誰になんと言われようと、あふれ出てくるものなのです。

それを「感謝しなければ」と思っている地点で
感謝なんて出来ていませんから。

download-5.jpg

親に対する怒りや恨み心を持っていることを、
真っ直ぐ認めることです。

「もっとニコニコして欲しかった」

「もっと厳しく言って欲しかった」

「もっと構って欲しかった」

「私の全てを受入れて欲しかった」

「怒らないで欲しかった」

私達はこんなふうに親には大きな期待をして
それが得られないと、いとも簡単に怒りを持ちます。恨みます。

その恨みは、必ずはけ口を求めます。

自分を傷つけるか、他人を傷つけるか。

ムリして感謝しようとか、許そうとか、そんなことはしなくていい!
本当の自分の心を見つめないことには何も始まりません。
何も変わりません。

それには大きな覚悟なんていりません。

ほんの少し、
前に進むだけでいいんです。

それを少しづつ、少しづつやっていけばいい。
歩む限りは、必ず前に進む。

自分の人生の主導権は
もう、あなたが握っていきましょう!

そして堂々と、誰に臆することなく幸せになっていきましょう!

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師