完全完璧主義から解放されるコツ

湯川です。

現在、プログラム受講生の方を対象に、毎週勉強会を開催しています。

勉強会といっても堅苦しいものではなく、ある書籍を毎週読み進め、ワークをやるというものです。

笑いあり、気づきありで、私としてもこの勉強会はゆるっとした楽しい時間になっています。

あなたを突き動かす心の声ー5つのドライバー

先日の勉強会では「5つのドライバー」について学びました。

5つのドライバーというのは「ストレス下において、その人を駆り立てるもの」で、代表的な5つのパターンがあるんですね。

1「完全であれ」

2「他人を喜ばせよ」

3「努力せよ」

4「強くあれ」

5「急げ」

の5つ。

例えば弱音を吐いてはイケナイ、弱みを見せるべきではないと思っているなら、「強くあれ」のドライバーを持っているかもしれないし、いつも他人の顔色ばかりを伺ってしまったり、他人が喜んでくれないと自分を責めてしまうのであれば「他人を喜ばせよ」のドライバーがあるのかもしれない。

自分の中で「ついやってしまう」とか「これをしないと不安になる」という行動パターンがあるならば、それは無意識で持ったドライバーの影響かもしれません。

今日はその中でも「完全であれ」についてお伝えして行こうと思います。

繰り返し”再発”している事

勉強でも仕事でも「ちゃんとやらないといけない」と思っている方は多いようです。

「最初からキチンとやる」「一つづつやる」「基礎から学ぶ」確かにそれは基本ではあると思います。

でもね、この思いが強すぎると「細切れ時間でちょこっとやる」ことに罪悪感を持ってしまったり、やったことにならないと思ってしまいがち。

いつも「ちゃんとしなければ」と思っていたならば、そのためにはまとまった時間や、ふさわしい場所、学ぶための環境などが必要になってきます。

するとその環境などの条件が整わない限り「動けない」ということになります。

そうこうしていると時間ばかりが過ぎて、気持ちが折れてしまうこともありますね。

「ちょこちょこ」のススメ

今日言いたい事は「全部をちゃんとやる」という発想も良いのですが、それで動けなくなってしまったり、時間ばかりが過ぎて一歩も踏み出せないのであれば、「細切れ時間でちょこちょこやる」という発想も、取り入れてみては如何でしょうかというお話。

私は今抱えているプロジェクトが複数あります。

これを「全部ちゃんとしよう」と思ったら、まとまった時間がないと出来ない事になります。

そんな日は永遠に来ません。

だから複数のプロジェクトを、毎日毎日少しづつ進ませているんですね。

「ちょこちょこ」の連発です。

極端な場合は、5分でもやります。

3行でも書きます。

1ページでも読みます。

そんなやりかたでも、意外と進んで行くんですね。

もちろん最後の詰めや仕上げは、一定の集中力は必要。

でもそこまでとにかく進めておく、ということをやって行くと、締切が目前に迫っても慌てずに済むし、先延ばしのストレスからも解放される方法の一つだなあと思っています。

以前は「後でまとめてやったほうが早いしラクだ」と思っていたのですが、結局は締切に追われて、やっつけ仕事になってしまうケースがありました。

なので、毎日毎日少しでも進めておく。

それでオッケー!と自分に許可を出してあげる方が、自分を無駄にダメ出しする必要もないし、結局仕事が進んでいるのでオススメ。

「完璧さ」をちょいと手放して、是非「ちょこちょこ」をやってみてください!

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師