あなたの “欲しい” が手に入る、ある方法

ありのままでいいの!?

「ありのままのあなたでいい」
「あなたは悪くない」

こういう言葉が心地よくて、
この手のことを書いた本を、昔はよく購入していました。

でもね、今思うのは「何て怠慢だったんだろう」って(笑

変わろうと思うときって、そりゃエネルギーを使います。
これまで慣れ親しんだ自分のパターンから変えていこうとするのですから、エネルギーを使うのは、当然なのです。

本当は「こうなりたい!」という自分がいるはず。

 

でもその自分を認めてしまうと、、、、

それに向かって努力しないといけない。
出来ない自分に対峙することにもなる。
「出来る自分」から
「出来ない自分」に見られる可能性も出てくる。

 

だからそんな冒険をせずに
「ありのままでいいのよ」
「あなたはあなたでいいのよ」と言いながら、本当の気持ちを誤摩化しているのです。

プライドがあるなら、そこに向かう努力とエネルギーを出して、そのプライドを守れば良い。

でもそれをしないのであれば、
ただ、体のいい言い訳をしているだけってこと!

根底にあるのは被害者意識

「あなたは悪くないのよ」と言われてホッとするのは、

悪いのは自分ではなく、他にいる。自分は変わらなくてもいい、変わるべきは他にいるんだ。ということを、自分以外の人にも認められたような気がするから。

この地点で、自分が努力することを棚に上げてるわけですね。

これらの言葉に惹かれるということは、
自分自身、かなり被害者意識が強い、ということなのです。

 

それをまず、分かって下さいね。

その被害者意識のいちばん深い部分を見ると、親に対して未だに恨みに思っている気持ちが残っているってこと。

「親が○○してくれなかったから、私はこうなった」
「変わるべきは親で、私は変わらなくて良い」

こうやって、未だに親を悪者にして、自分を正当化している部分が、どこかあるはずなのです。

 

まさにチャイルド思考満載な状態です。
子どもの視点はいつも言ってるように、近視眼的で短期的な視野でしか見ていません。
大人の視点は長期で広い視野で見ているわけです。

 

 

両親との関係性

さらにですね、、、
「親に恨みがある」と認識出来ている人の少ないこと!

自分は親に恨みなど持っていないと、美しく誤摩化している人がほとんどなんですねー。

初めてセッションした方は
「私は親に対して恨みなど全くない」です、と言いながら
「一人でいるのがとても寂しい」とかおっしゃるワケです。
それってどういう意味かわかります?

本人に自覚があるか無いかはさておき、親に対して幼い頃
「私を一人にした親は何てヒドい!」と、心の奥底で未だに恨みがましく思っているってことなんですよー。

 

だから一人になることが、とてつもなく寂しくて、
いつも誰かと一緒に居ないと、いたたまれなくなってしまうという状況に陥っている訳です。

 

夫との関係性も
彼との関係性も、
友人も、職場も、
そして子どものとの関係も、
すべて根っこは親との関係性に帰着します。

 

だから対処療法で、あれこれやるのではなく、
親との関係性を見ると、それに伴う様々な問題が、一網打尽に解決するってこと。

人は誰かを悪者にすることで、自分は悪くない!って思えますからね〜。

でもそうやって人生の責任から逃げるのは、もうやめましょうね。

誰かの責任にして欲しい物を誤摩化すのではなく、
自分でエネルギーを出して、欲しい物をどんどん手に入れる人生にしていきましょう。

 

まずは自分で自分の責任を取ること

じゃあ、人のせいにしないで、自分で責任を負っていきましょうと言われても、具体的に一体何をすればいいのでしょう?

「責任を負う」って分かったような分からんような、曖昧な言葉ですよね。

 

湯川が思う「責任を負う具体的な行動」とは、、、、、

まず「自分で決める」ということ。
これをやっていくことだと思うのです。
「決めることを決める」のです。

 

「自分が決める」ということをやって来なかった人は、自分が決めていいのか?とまず思うでしょう。
でもね、決めていいんですよ。

 

決めないと周りに流される人生になってしまいますし、
これからの人生も周りの人に決めてもらい、
お膳立てしてもらわないと何も出来ない、不自由な自分になってしまうわけです。

 

やってもらうことがアタリマエだと、どこかで思っていると
常に怒りや不満を抱える人生になります。

 

また通常年齢と共に
「自分で決めないといけない」状況が
増えてくるのです。

Aを選ぶのか、選ばないのかを決める。
今するのか、しないのかを決める。
一歩踏み出すのか、踏み出さないのかを決める。
この関係性を続けるのか、続けないのかを決める。

自分が「決めることを決める」と同時に、
自分が「決めないことを決める」ことも、立派に「自分で決めたこと」になります。

 

実は練習不足なだけ!?

ぶっちゃけ「責任が怖い!」という方は
「決める」練習を積んで来なかっただけなのです。

ですから今から些細なことから
「決める」練習をしていきましょう。
そうすることで、より大きな決断が出来るようになってくるのだと思います。

まずは日々の些細な「決める」からスタートです!

 

そして最終的には、自分がやったことは
どこかで責任を負わなければいけないのが、この世の仕組み。

 

逃げて逃げて、逃げまくって、今世自分の負うべき責任を負うことがなければ、そのツケは子供や子孫にわたってしまいます。

 

自分のまいたタネは、自分の代で刈り取る。それはもう、自分の代で終わらせる!次の代に継承させない!

その気概を持ってやっていきましょう。

逃げれば逃げるほど、その負うべき責任が大きくなっていきますからね。
そうなってからでは、しんどいです。

 

私も一緒ですよ。
共に「決める練習」からやってみましょう!

 

湯川 央恵

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。