被害者意識を持つ弊害

湯川です。

さて、湯川が提供しているサービスの中で、6ヶ月間の個別サポートプログラムがあります。

このプログラムでやることはとてもシンプルです。

「被害者意識を取り大人の思考に育てて行く

ここに集約されるかと思います。

もちろん細かく言えば他のこともいろいろありますが、これが全ての基礎になっているんですね。

古いOSのパソコン

分かりやすく言えば「パソコンのOS」をイメージしてもらうと良いかと思います。

OSが古いと、いくら新しいソフトを入れても動きませんよね。

 

新しいソフトやアプリが入らなかったり、動作がとにかく遅い!

フリーズする!

突然シャットダウンする!

被害者意識があるというのは、これと同じ状況だと思って下さい。

ちょっとした行動をするにも「なんでアタシがやんなきゃイケナイの!」とイライラして時間がかかったり、すごいエネルギーをかけないと動けなかったり。

動いたら動いたで、今度はすぐ疲れて、またしばらく動けなくなったりね。

これ、全部被害者意識があるからこそ、起きる現象なんですねー!

ところがほとんどの人が自分に被害者意識があるとは気づいていません!

何かあると「あの人のせいで私はこんな大変な目に遭っている」「あの人のせいで私は傷つけられた」とナチュラルに思っているわけです。

この状態を「被害者意識がある」とは思っていないんですね。

どう思っているかというと「これは被害者意識じゃなくて、本当に私は被害者なんです!」と。

「自分は全く悪くなく、相手が100%悪い」と心底思えるくらいに被害者意識がめちゃめちゃ強い状態って事。

いやー、私自身もかつて夫が加害者で、自分が被害者だと100%信じていましたからね〜(苦笑)

出来事に対し、自分の行動はあくまでも正当化され、相手に結果の責任を押し付けたい気持ちですね。

真逆の世界に生きている

被害者意識があることに気づかずに、パートナーシップを変えようと、どんなに頑張っても、どんなに自己啓発のセミナーに行っても、占いや引っ越しをしても、変わることはできないのです。

この被害者意識があると、白が黒に見え、善が悪に見えると言う本当に真逆の世界に生きる事になります。

親が子どもの為と思ってびしっと叱っても、子どもにとっては、優しくいつもニコニコしてくれているのが「快」なので、たとえ自分の為であってもそんな風に思いません。

「不快」⇒「悪」になりますからねー。

それについてはコチラの記事で分かりやすく説明しています。

湯川、愛を勘違いしていました

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師