赤ちゃんが産まれました!

湯川です。

この仕事を選んでよかった!

3ヶ月集中コース(DMC)を卒業されたMさんから、「無事赤ちゃんが産まれました」というメールが写真と共に届きました。

いやー、この仕事やってて、ホント良かったなあと思う瞬間ですね。

Mさんとの出会い

3年前、秋葉原で開催したセミナーに、緊張した面持ちで来られたMさん。

ご主人からひどいDVを受けていて、その日も体に痛々しいアザを作ってのご参加でした。

あの時、3年後には、こんな幸せが待っているとは思いもしなかったでしょうね。

そのセミナー時に私が伝えたことの一つに、「相手は鏡」がありました。

当時のMさんにしたら、到底受入れられるものでは無かったはずです。

相手は鏡ってどういうこと?

でもMさんは、自分こそが変わらなければと思い、3ヶ月集中コースをその場で申し込まれ、一歩を踏み出されました。

ただ「相手は鏡」と言えども、Mさんはご主人と同じような暴力を、振るっていた訳ではありませんでした。

セッションを重ねるうちに、見えて来たものがありました。

それは、自分の思った通りにならなかった時に、我慢できない「幼児性」や「攻撃性」。

そういう面が同じ「鏡」だったんですね。

私は正しいのです!

相手が悪いと言いたい時は、自分も相手と同じ面を持っている、というのは全く見えないのです。

むしろ相手が如何に悪いか、如何にヒドいか、如何に怖い人なのかを分かってもらおうと必死になります。

いやー、私もホントコレ、散々やって来てましたから〜(苦笑)

自分が正しくて、相手が間違っているというのを、より強く感じるためには、どうなるといいですか?

そうです!

相手が悪ければ悪いほど、自分が正しいと感じられますね。

相手が悪いのです!

すると「変わるべきは相手で、自分は変わらなくていい」ということになります。

そうやってお互いがお互いを「お前が悪い!」「お前こそが変わるべきだ!」と言い合っている間は見事に「お互い変わらなくていい理由を与えている」ということなんですよねー。

なので自分こそが正しいのだ!と思えば思うほど、自分はいつまででもそのままで良いのだ、という大義名分が立つ、ってことになるわけです。

でもね、変わらないものが淘汰されていくのは、自然界では当り前に起こっていること。

強いものが残っているのではなく、より状況に対して変化できた種だけが残っているのです。

Mさんの変化

Mさんは「変わる方がオトクなんだ」というマインドを持たれて、どんどん変化して行かれました。

Mさんからのメールに、こんな一文がありました。

「夫がいかにヒドい人間かを、あの頃先生に力説していましたが、

それをやればやるほど、自分こそ夫をひどく扱っていた事に全く気づいていませんでしたね」

と。

まさにその通りなのです。

●夫が〇〇だから

●環境がこうだからしょうがない

などと言ってる人は、一生幸せになれません。

アナタを幸せにしてくれるのはパートナーでも親でもなくアナタ自身なのです。

自分の変化が幸せになるのです

自分が幸せになれる場所に、自分を連れて行ってあげて下さい。

それができるのは自分だけなのです。

これまでの自分で、問題が起こっているのに、自分が変わらずに結果だけ変えようとすることほど、バカげた事はありません。

それで変わったら、むしろホラーですから。

変わる事をどうぞ楽しんで下さい。

自分自身をバージョンアップさせて行きましょう。

そしてがっちり幸せを掴んで行きましょう!

残席2名

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師