ズバリ責任から逃げてませんか!?

責任を取れるのか!?

セッションをやっていると「責任から逃げていた自分」に気づくという方が少なくありません。

そんなとき「じゃあ明日から責任取っていきましょうね」と言って、出来るものでしょうか?

責任を取っている人をイメージすると、ほとんどの方が、バリバリ仕事をこなしている人を想像すると思います。

では自分自身が明日からそのようにできるのか?と言われると如何でしょう?

ちょっと想像してみて下さい。

あなたがあるプロジェクトのリーダーを任命されたとしましょう。張り切っているあなたを横目に、チームメンバーはやる気がなく、予定通りに進まない。
おまけにメンバーのミスで取引先からクレームが来たとしたら、あなたはどうしますか?

頭の中では、責任を取ってバリバリ仕事をしている自分がいるんだけど、現実がそんな状態だとしたら、どう思うでしょう?

ギャップがあることを知る

こんなの私のせいじゃない!

私は悪くない!

私はやりたくてリーダーをやったんじゃない!

 

そんな風に思わないでしょうか?
おそらくほとんどの方がこのように思ってしまうでしょう。ええ私だってそう思うかもしれません。

ここで私が言いたいことは「思っていることと現実との間に、大きなギャップがある」ってこと。

頭ではバリバリ仕事をしたいと思っても、現実にそのようなことが起こった時、上記のように「私のせいじゃない!」なんて思うならば、あなたには対応できるだけの「力」がまだ身に付いていないってこと。

あるいは人の責任を取るなんてイヤ、と思っているのかもしれません。

過剰な責任のルーツは?

どうしてこんなにも「責任」に対して過剰にとらえてしまうのでしょう?

どうやらこれまで責任を負う経験が少ない人ほど、責任というものを、過剰にとらえている傾向があるようです。

この過剰な責任のルーツってなんでしょう?

 

そう、それは親への思いですね。

自分自身が親に対して「親ならこれくらいやるのが当然だろ!」と親の責任を過剰に求めていた。これがスタートなのです!

いやもう、こんなところにも親への思いが出てくるんですね〜、はい(笑)

「あんな事もこんな事も、親の責任としてやるべきだろ!」

その思いが強ければ強いほど、自分が責任を負うことに対して怖さが出て来るのです。

結果、責任に対して過剰に捉えてしまう、ということに。

そうなると、他人が取るべき責任なのに、自分が応えようとして必死になってしまうんですね。

そりゃあ、責任取るのが怖いわ!

具体的に責任を負う方法

なのでまずは親に求めていたことを、キチンと認めることです。そして自分の取るべき責任を取っていきましょう。

いきなりリーダーのような責任ではなく、まずは自分の人生の責任を自分で取っていく、というスタンスです。

 

それには人のせいにしないとか、「察して!」をやめて自分の気持ちをキチンと伝える、などもありますね。

他にも自分が部下ならば、上司や会社のやり方に文句を言わず、それに倣うということです。
それも部下としての大事な責任の果たし方ですから。

ちなみに湯川の場合、自分の人生の責任を夫に負わすことをやめ、さらに起業して責任を取り始めてから、仕事も人生もめちゃめちゃ楽しくなりました!

責任って取れば取る程、自由度が広がるんですよねー!

社長は責任があるけど裁量権が大きいでしょ。だから自由に出来る。

自由は欲しいけど責任は取りたくない!は、両立しませんからね!

それに責任を取っていないと、面白みって出ないんですよ。責任を負うからこそ、そこに愛着も面白みも感じるのです。

お母さんは子どもを産むと、全面的に責任を負います。だからこそ毎日親子ケンカしたとしても子どもが可愛いし、子育てが終わると「あの頃が楽しかったなあ」って思えるのです。

仕事が面白くない、人生がつまんない、という方は、ずっと責任から逃げているんだと思いますよ!

まずは上司のやり方に倣う、ということからやってみてもいいかもしれませんね。

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。