謝れない女の隠れた本音

謝っている人を見ると、どう思いますか?

 

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

さて、今日はこんなお悩みから・・・。

 

夫とまた言い合い。

何度話し合ってもお互い

正しさを主張してばかりで、解決できないまま。

 

どっちかが先に謝ればいいんだろうけど

私は謝りたくない!

 

私ばかりが悪いわけじゃないし

謝ると自分らしさが

なくなってしまう気がする。

それに自分ばかりが我慢しないといけない気がして・・・。

 

あれ?我が家のこと?と思った方も多いんじゃないでしょうか?(笑)

1067339_m.jpg

 

自分が悪かったと認めると、
自分らしさがなくなるような気がしたり
自分ばかりが我慢しているような気がするのは、ホントによく聞きます。

と言いますか、私自身もそのクチでしたから(笑)

向こうが謝るなら、こっちだって考えてやってもいい!
みたいな気持ちになっていました(笑)

これはプログラム受講メンバーさんには、何度もお伝えしていることなのですが
たとえ自分が10のうち、自分が2しか悪くないと思っても、その2を100%謝罪してくださいね、と言うことなんですよ。

非は非として、やったことはやったこととして、2を誠実に謝る、と言うことです。

four-leaf-clover-happiness.jpg

 

でもねー、悔しいんですよ、腹立たしいんですよ。
なんでアタシばっかり謝らないといけないのよ!と思うんですよ。ほんとそうなんです。

なぜそう思うのか?

理由はシンプル!!

0か100か、白か黒かの極端思考で世界を見ているので
信頼している人であっても、ちょっとでも自分にとって気に入らないことがあると
バッサリ相手を嫌いになり相手を価値のないダメ人間扱いしてきたのです。

適度な距離感がないので、大嫌いになるか大好きになるかの両極端。だから、自分が謝ると一気に価値のない「ダメ人間」になるように思うから。

だから謝れないの

誰もそんなこと思ってないのにねー。自分だけがそう思ってるのねー。
マジ、エネルギーの無駄遣いです!

StockSnap_7A51QVM4C3.jpg

本当に謝罪できると
「こんなことをやった自分でも、そばにずっと居てくれた」
「何度も何度も口を酸っぱくして教えてくれた」

こんな風に思えると今度は「感謝」に変わるんですよ。

なので謝れない人は、ほんとの感謝もできないってこと。
感謝してもそれは上っ面。そのことを誰よりも自分が分かっているはず。

だから人からの感謝の言葉も「本心じゃない」とか「適当に言ってるだけ」と思ってしまうんですねー。

ねー、謝れないって、めちゃめちゃ損でしょ?(笑)

 

何よりも”謝れない女”ほど、可愛くないものはないのですよ。
相手に謝ってもらいたければ、まずは自分から謝ること。だからまず形からでもやってみましょう。
10の2しか悪くなくてもその2を認めて誠実に謝る、ですよ!

 

湯川央恵

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師