職場に馴染めず孤立していませんか?

孤立してる!? にありがちな思い込み

新年度になり、新しい職場や部署に異動になった、という方も多いかもしれませんね。

そんなとき、自分がその部署やグループに馴染めない!または、受け入れられていないような気がして、人知れず悩んでいるという方がいるかもしれません。

そういうときは、自分の思い込みに気づける大チャンス、なんですよー。

 

ではどんな思い込みがあるか?

 

ズバリいいます♡

 

「向こうからアタシに合わせてくれることが、アタリマエ」

 

つまり自分から働きかける、という思考が極端に少ないはずなのです。

 

自分の中の前提やバイアスに気づく

もう少し順を追って説明して行きましょうね。

相手から話しかけてくれなかったり、挨拶してくれなかったりすると
「自分はこのグループになじめていない」と思い込んでいるのですが、なぜそう思うのか?ってことなのです。
つまり自分のなかの前提やバイアスがあるからこそ、そう思うってことですよね。

であるなら、どんな前提やバイアスがかかっているか、を考えるってことなのです。

このアタリの事を分かりやすく説明したのがコチラの記事。参考になさって下さい。
記事:思い込みが激しい方の共通点と対処法

 

で、この場合だと「向こうから働きかけてくれるもの」になっているってことなんですよ。

アタリマエだと感じていることほど、自分では気づきづらいんですよね。

 

 

どうでしょ?

「向こうから働きかけてくれるもの」という前提がある、と言われて「確かに〜」って思います?(笑)

 

言葉にすると、如何に偏った思い込みをしているか分かるでしょう?

 

 

当たり前の理由は、子どもの頃かもしれない

例えば子どものころ、学校から帰って来たらお母さんが、いつも笑顔で「お帰りー」と言ってくれていた。

特にこちらからアレコレ言わなくても察してくれて、いろいろやってくれた。

そんな環境が結構「危険」だったりします。

 

つまりアタリマエのように、いつも向こうから声をかけてくれて、気にしてもらえる環境だったからこそ、自分から働きかけるものなのだ、という視点が完全欠落したままだ、ということ。

 

ここ、すごーく大事ですので、もう一度言います。

 

アタリマエのように、いつも向こうから声をかけてくれて、気にしてもらえる環境だったからこそ、自分から働きかけるものなのだ、という視点が完全欠落したままだ、ということ。

 

いかがでしょう?そう言えばいつも笑顔で向かえてくれていた。それが自分にとってアタリマエだったかも・・・、と思えた方は一歩前進!おめでとう!!

 

「じゃあ子どもが帰って来たら、無視していたほうがいいってこと?」って、そういう話じゃないですよ。

 

「お帰りー」と言ってくれた、それは親の温かな愛ですよね。そのことはホント有り難いことなのです。その上での話になります。

 

大人になる成長途上で気づいて行くのが王道

私たちは大人になるにつれて、様々な経験を積んで行きます。

ホントはその中で、周りがやってくれるのを、ただ待っているのではなく、自分から働きかけて行くことを学び、身につけて行くはずだったのです。

大人になるまで、自分から働きかけるということよりも、常に誰かにやってもらうことが多かった、ってことかもしれないってこと。

自分からどんどん働きかける、ということに気づかないまま、大人になってしまったのかもしれませんね。。

 

すると、新しい組織やグループに入ったとき、親と同じように声をかけてくれなかったり、自分のことを気にしてもらえないことは、すなわち

「拒否された」

「嫌われた」

「受け入れられなかった」と思ってしまったというワケです。

 

もーね、散々愛の海のなかに浸かっていて、それがアタリマエになっていたんだと思います。愛してもらえたその事実に感謝するとともに、姫っぷりを継続していくことはやめましょうねー。(笑)

 

なのでやっていくことは以下の通り

1、相手の関心事に関心を持つこと。

自分から相手に関心を持つ、ということはとても大事な事です。その時にやって頂きたい事がこれ!

「相手の関心ごとに関心を持つ」ということ。これはコミュニケーションにおいてテッパンですからねー。

反対のことを考えてもらうと分かりやすいですね。

あなたの大事にしていること、興味関心に関心をもってもらうとどうでしょう?嬉しいですよね。単純に「この人、ええ人やー」って湯川なら思ってしまうかも(笑)

 

2、自分から相手に働きかけること。

その上で自分からエネルギーを出して動いて行きましょう。

待っているばかりでは、欲しいものを手に入れられないと、インナーチャイルド(潜在意識)に教えて行く必要がありますね!

 

 

湯川 央恵

 

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師