もしかして自分はモラハラ妻!?モラハラ妻の特徴と見分け方

男性のような殴る蹴るという分かりやすいDVモラハラっぷりではなく、言葉や態度でパートナーをじりじりと追いつめるモラハラは、女性側が加害者になっていることが多くあります。モラハラやDVは男性が加害者だ、という思い込みが多いのですが、むしろ無自覚のまま、自分がモラハラモンスター妻になっていないでしょうか?
夫からの突然の離婚要求に驚く前に、一度自分の言動を振り返ってみましょう。

1、暴言・口撃

ケンカすると時には、お互い激しい言葉になることもありましょう。それは男女問わず起こりえることです。またお互い口撃し合っているなら、それはモラハラとは言わず、ただの口喧嘩ですね。

しかしモラハラ妻の場合は、相手のプライドを木っ端微塵にするような言葉を使います。

例えば「ハゲ」「このデブ!」自分では大したことを言ってるつもりなく、身体的コンプレックスを平気でdisるところがあります。
逆に自分が言われると「ヒドい!」「人間としてどうか」などと大騒ぎします)

「誰かの稼ぎが悪いからパートがしんどいわ」「男のくせに情けない」「なんでこんなカンタンなことが出来ないの?」「離婚するよ!」「ホント(セックス)下手!」など男性のプライドも自信も粉々に打ち砕くような言葉を平気で使います。

2、自分の非を認めず責任転化

自分が間違っていても素直にそれを認めて謝る、ということをしません。悪いのは常に相手。実はいつも正しい、というスタンスを崩しません。

我が家の法律は「自分」。
なので自分の思った通りにしてくれない夫がむしろヒドい人で、自分はいかに被害者になっているかを、周りの人に吹聴します。

自分で責任をとる、ということからずっと逃げてきているので、全ての責任を夫に押し付けているという自覚すらありません。相手に察しさせて、結論は相手に出させ自分はいつも安全圏に居ます。

3、要求レベルが高い

自分の要望は通って当たり前、叶えてくれることが当然と思っています。
「いつでも私を一番優先してくれるもの」「どんなことでも受入れてくれること」「どんなことも否定せず味方になってくれること」「夫は妻に尽くすのが当然」等々。

こういうことを、しれっと当たり前のようにして思っているんですね。

それが「要求レベルが高い」とは思っておらず、むしろ普通の事、と思っています。

尽くされて当然と思っていますので、与えても与えても満足しません。それどこから「もっと!もっと!」と際限なく要求してきます。

4、客観視ができない

客観視が出来ない、ということはつまり「自分のことしか見えていない」ということでもあります。上記3の言葉でも、客観的に見れば「相当要望が高い」ということが分かるのですが、客観的にみることが出来ないので、分からないわけです。

客観視が出来ないので、視野が狭く、また話し方も自分が分かっていることは、他人も分かっているものだと、勘違いしていたり、結論もない思いつきの話しが多く、論理的な説明が出来ません。

ところがこういう方に限って「私は分かりやすく話している」と思っています。

5、子どもを味方につけて夫を孤立させる

例えば夫だけ食事のランクを落としたり、帰りの遅い夫の分の食事は用意していない、夫抜きでレジャーに行ったり、子供の運動会などの日程を知らせないなど。子供を取り込んでいるので、夫vs自分と子供という関係になっています。

そして家庭内ヒエラルキーが1位子供、2位自分、ずーっと下がって3位に夫となっています。

この乱れたヒエラルキーこそが問題の引き金になっていますが、妻は全く分かっていません。

6、被害者意識が強い

上記3でお伝えしたように相当要望が強いので、いくら与えても「当然の権利」と思っています。ですので感謝の言葉を言ったとしても、とても表面的。

愛情もお金もエネルギーも関心も、与えても与えても「もっと!もっと!」と際限なく要求してきます。

与えられる余裕があるうちは、まだいいのですが、問題はそれが出来なくなった時。自分が望むものを得られなかった場合
「自分は不当な扱いを受けている」と不満でいっぱいになります。

当然の権利が与えられていない!と思うんですね。

自分がどれほど高い要望をしているのか、再現なく要望しているのかを見る事がありません。

むしろ与えない夫こそが、問題だ!モラハラだ!DVだ!と騒ぎ立て、と被害者意識で一杯になります。

自分は妻として当然の権利を主張しているだけで、何らこちらに非は無い!と思っているんですね。

まとめ

私自身、これまで3000人の悩める女性の相談を受けてきましたが、6の「被害者意識が強い」に、無自覚なモラハラモンスター妻の、かなりの部分が含まれています。

「夫がモラハラダメンズなんです」という方は、1から5までの特徴をしっかり読んで自分自身を振り返ってみましょう。

それは決して「あなたが悪い」と言ってるわけではないのです。
ご自身の中で改めることが出来た時、周りは自分の鏡ですので、周りを変えようとしなくても変わって行くものなんですね。

こちらの方も自分を変えることで、周りがどんどん変わった方々です。

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師