先日来よりセクシャリティについてお伝えしております。

パートナーシップを語る上で、セクシャリティは避けては通れません。今日はEさんが歪んだセクシャリティを持つに至った、本当の原因を明らかにしたいと思います。

​自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

これまでのお話はこちら。

セクシャリティについては、どうしても「恥ずかしい!」という思いが先立って誤魔化しがち。

さりとてパートナーなら「自分の思いと同じ思いを相手に持つべきだ!」と押し付けてしまうのは違いますね。​

お互いの違いを受け入れながら、またより深く理解し合うためのものとして、セクシャリティがあるのだと湯川は思うのですよ。

​セックスとは「男に支配されること」

さて一昨日よりお伝えしているEさんの話。セックスを断ると不機嫌になる夫にどうしたらいいか?という相談の続きです。

​Eさんはそもそもセックス に対して「男に支配される」という思い込みを感じておられましたね。

それは子供のころ、横暴な父親が母親を支配しているように見えていたところからの思い込みでした。

​さらに深く、お父さんお母さんの関係性を見ていくと…。

​大きすぎる親の愛

Eさんのお父さんは会社でのポジションもかなり上で、たくさんの部下もいらっしゃいました。

お中元お歳暮の時期には、部下や取引先から届く贈答品で山になっていた、ということですので、ある程度の規模の会社にお勤めだったのでしょう。

そんなお父さんに対して、お母さんがまるで奴隷のように支配されていたように、Eさんには見えていたんですね。

​​

Eさんが子供の頃から、仕事一筋のお父さん。

賭け事するでもなく、浮気するでもない。真面目に仕事をし、風邪で寝込んだことすら見たことがない。

文字通り朝から晩まで働き続け、そのおかげでEさんは子供の頃から、お金で苦労した記憶は一度もありませんでした。

でもそれはEさんにとって当たり前過ぎること。

なのでその「価値」が、Eさんには全く見えていなかったのです。

 

「お父さんは子育てを母親に押し付けている!」

「自分は何もせず家に帰ってきたら、ふんぞり帰っている!」​

そう思っていたのですが、お父さんが日中、どんな思いで働いてくれていたか、そんなことはEさんには、全くわかっていませんでした。

​​

お父さんの本当の姿

子供の頃は、親が朝から晩まで文句も言わず働き続けることは当たり前。

お金で苦労することがないのも当たり前。

そう思っていたけど、、、、

実際自分が親なら、そこまでのことができただろうか?
そんな凄いことが、できただろうか?

​父だって、きっとしんどかった日もあったはず。
休みたい日だって、あったはず。

​なのに、泣き言ひとつ、自分たち子供に聞かせることもなかったお父さん・・・。

 

自分にはきっと想像できないほどの、

たくさんの責任を負ってくれていたんだ…。

自分は父が背負ってくれていた大きすぎる責任の上で、好き勝手してきただけなんだ…。

​それがどんなにすごいことか、ようやく、本当にようやく、Eさんは分かったんですね。

 

本当の姿ー​相互協力し合い家庭を守る大人のパートナーシップ

子供は見えている範囲が圧倒的に狭い!その自覚もありません。なんなら親よりよく見えている、なんて思っているくらい。

その狭い範囲の中でアレコレ言ってるわけです。

狭い範囲の中で「仕事から帰ってきたらお父さんは何も動かず、ただお母さんにエラそうに命令しているだけ」と見えているんですね。

 

実際のところ、お母さんはEさんの思う横暴なお父さんに、支配されているお母さんではありませんでした。

本当は、お父さんとお母さんは、相互協力しながら、お互い自分達がそれぞれにやれることをやっていたわけです。

​むしろ、そうやってお父さんとお母さんなりの、素晴らしいパートナーシップを築いていたのです。

ところがそれが子供には見えない。

というか、子供にはその高度なパートナーシップは到底理解できないのです。

本当に支配されて嫌なら、とっくの昔に離婚するなり別居するなり、何なりのことはあったでしょう。

でも今ご両親はどうされているかと聞くと・・・。

なんだかんだ言いながら、二人は離婚もせずにずっと一緒にいる。

父親の愚痴を母親から聞くけど、二人してテレビ見てゲラゲラ笑っている。

自分が思っているような「支配」があったわけじゃなかったのかも…、と。

 

そう!

「支配なんかじゃなかったんだ・・・」

この視点をEさんが持てた時、Eさんの目から大粒の涙が次々あふれ出ました。

なんども「支配じゃなかったんだ…。」そう仰いながら。

 

その後、いろいろありながらもセクシャリティをはじめパートナーシップについての見方が、がらりと変わったEさん。

セックスに応じることだけでなく、それよりも夫に対する感謝と尊敬の思いが湧き、自然と笑いが起きる家庭に変化されていったんですね。

嬉しいですね。​​世界の中で、またひとつ平和が実現されました。

 

ここまでなかなか自分では分かりません。理由は感情が邪魔をするからね。

キチンとプロが誘導することで、勘違いに気付き正しく修正することができるんですね。

 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!