パートナーシップ心理学アカデミーベーシックコースをご受講された牟田口さんから感想を頂きました。
DV、モラハラ、薬物依存にギャンブル依存の前夫は圧倒的な「悪者」
そんな夫への見方が大きく変化していったヒミツは何か?心の変遷を包み隠さず、ご本人の声をそのままお伝えします。前夫への「見方」がここまで変われるのだ!ということを実感出来る感想かと思います。

そもそも受講前はどんな悩みがありましたか?

前夫との関係。

前の夫がDV、モラハラ、薬物依存にギャンブル依存。

そんな人でしたが、私自身も夫に強烈に依存していた為、5年間内縁関係で離れる事もできず、かといって問題を起こさず上手くやっていく事もできない、ずぶずぶの共依存関係でした。

DVやモラハラや度重なる浮気..
警察沙汰も何度も起こしました。

歪んだ愛情にお互いがしがみ付き、まるで仇同士の様な間柄。身も心もボロボロになりました。

嵐のような関係で、子供達も家族も友人までも巻き込み、皆がボロボロになりました。

湯川先生のブログは2〜3年程読破していて、共感することだらけでした。
しかし読んでいるだけでは自分では何とも出来ず、無闇に時間だけが過ぎてしまいました。

2019年の6月、藁にもすがる思いで湯川先生の元を訪れました。

何が一番変化したと思いますか?

受講してわずか半年です。

まず、親に対するナチュラルな見下しや過剰な期待が、
どれほど自分の目を曇らせ、世の中を歪んで観ていたのか。

これにハッキリ気づけました。

ここが変わった事で、子供との関係性が変わって来ました。

私は親に対して、長年わだかまりがありました。

幼少期から家庭環境は殺伐としている事が多く、決して良い関係ではなかった。
そんな長年募らせてきた被害者意識が、すっかりなくなった事。

これまでも、少なからず苦労をかけてきた事や自分の甘えがある事も分かっていたつもりでした。
しかし、今までどれほど手を掛けて育ててもらっていたのか、
本当のところは、全く分かっていませんでした。

親にしてもらっていた事は「日常の当たり前」と判断し、
その当たり前に満たない
「足りなかった部分」そこだけを見て、不足な気持ちでこれまで生きてきました。

本当、見たい様に見て聞きたい様に聞いていたのです。
何様だったのかと思う程。

それを湯川先生に指摘された時、恥ずかしながら初めて分かったのです。

親の愛は偉大過ぎて、全く見えていなかった事に。

そこにあぐらをかいて、まともな感謝もせずに、
不満だけは好き放題言って被害者面だけしてきた事。

心の底から恥ずかしいと思うようになりました。

今、自分自身が子育て奮闘中の最中で、実感する事が沢山あります。

あぁ、子供は本当に言いたい様に言うなぁ。思いたい様に思うんだなぁ。と身を持って分かるようになりました!!

自分が完璧な人間でもないくせに、親に対しては完璧を求めて、
自ら「不幸」でいる事「被害者」でいる事を
選び取ってきたのは
紛れもなく、私自身でした。

それが分かった時、初めて被害者の立場に終止符を打てた様な気がします。

それは前夫に対しても全く同様でした。

「自分を映し出す鏡」そこまでは分かっていました。あまりにも似ていたから。

が、それ以上に自分が加害者という事には、一つも気付いていませんでした。
傷つけられた!と騒いで、自分が「傷つけてきた事」は一切分かっていなかった。

いつだって、問題は相手にあるのではなく自分の中にある。

そう気付くと、心底人生は全て自分次第なのだと、
むしろ自分自身が強く生きられるようになったのです

被害者でいる為のメリットに気付くと、それを持ち続けるのかどうかは自分次第だと思います。

私は手放せて本当に良かったと思います。
自分が思っていた程、そこにメリットはなかったし、被害者でない自分の方がよっぽど幸せだから。

これは中々自分だけでは気付く事は難しいと思います。

メリットがある事にすら気付かないんですよね。
その位人間は自分の事を分かっていないし、ナチュラルに棚に上げてしまう生き物なのだと
湯川先生のお教えでよく分かりました。

湯川のプログラムの特徴は何でしたか?

湯川先生のプログラムの特徴は私が思うに、徹底的に自分の被害者意識を見つめ直す事。

被害者意識を持つに至った、原因を突き止め、それを更に「事実」かどうかを掘り下げる。

その上で苦しかった過去、頑張って乗り越えてきた自分を癒し、それから大人になる上で手放した方が良い、子供のままの固定観念を躾け直していく。

ただ癒すだけでも、戒めるわけでもない。

「自分を認める事と躾ける事」

この両方を自分で自分に出来るようになる事で、自分自身を客観視出来るようになります。そして他者に承認を求める必要もなくなる事を体感しました。

他のセラピーは受けた事がありませんが、一時的なものでも上澄みだけでもない。
時間をかけても、「根本解決」というのが
湯川先生のカウンセリングにはピッタリの言葉だと思います。

他の方達との交流もあるので、
そこで自分や他の方の弱音や苦しみを分かち合い、
モチベーションを上げるとても良き場なのではないかと思います。

やはり感情に波はあるので、マンツーマンのセッションだけではなく
一人では挫けてしまいそうになっても、支え合う事が出来る仲間がいる事で
自分を立て直し、また前を向いていく事が出来ました。

カウンセリングって実は私は「闇」のイメージでしたが
湯川先生のプログラムは、
闇よりも光の方が圧倒的に多い!
自分の中に埋もれて気づかないままの「光」を見せてくれるプログラムだと私は感じました!

このプログラムを受けていなかったら?

このプログラムを受けていなかったら
私は未だに「親のせい」「夫のせい」と常に他者のせいに、し続ける被害者人生になっていたと思います。

他人軸で生きる事がどれ程、窮屈な人生かも分からずに過ごしていたかと思うと..。

自分の人生に自分で責任を持つという事は、自分の為でもあり、
そして、それはとても自由なことでもあると思いました。

この感覚を知らないまま生きていたら、きっと生きにくさを
どこかでずっと感じながら生きていたと思います。

何より問題が起こったとしても
コントロール出来ない「他者任せ」ではなく
「自分」を軸に考えられるというのは、解決の糸口がちゃんとあるという事
でもあり、これが私にとっては大きな支えとなりました。

他者任せの人生はもうおしまい。

これから自分の足で生きていける楽しみを
うんと噛み締めて生きていきたいと思います!!

 
 


牟田口さんの変化成長は、同じアカデミーメンバーにとっても
勇気となり、希望となり、目標ともなったと思います。
どんな人生であっても
他人になんとかしてもらわないとイケナイのではなく
自分の両足でしっかり立って、自分が自分を幸せにしていく。
そんな力強さと、潔さを彼女から
ビンビン感じるようになりましたね。
最初は「本当大丈夫かなあ〜」という状態だったのが
こんなに人は変化するのですから!
これから彼女はさらに上位コースに進まれます。
ますます幸せになって、一層強く、美しく輝かれますことを!!