夫がゲーム依存でDV、おまけに仕事をしない。これだけを取り上げると「さっさと離婚すれば?」と言いたくなるかもしれません。しかし離婚ではなく自分自身のあり方を変えることで、夫が変化し夫婦と家族間パートナーシップが激変したHさんの事例をおつたえします。

受講前はどんなことに悩んでおられたのですか?

夫がスマホゲーム依存症で仕事をせず、昼間は寝て、夜に起きて来るような状態でした。暴言や暴力もありました。
でも湯川先生のブログを読み、自分にももしかして何か原因があるのではないかと思いました。離婚がベストな選択ならば、それもありだと思います。
が、私にもまだ何かやれることがあるのではないかと思っていました。

このプログラムを受けて何が変化したと思いますか?

いろいろあるのですが、一番の変化は夫に対する見方がガラリと変化したこと、夫がスマホ依存から卒業し働き出したこと、義父に対するイライラが激減したことです。
これまで色々言いながらも、夫が悪い、夫のせい、というのを握りしめていました。でもはっきりと認識しました。
夫をDVに至らせたのは
夫をゲーム依存にしたのは
夫から仕事欲を奪ったのは
私だ、と。
私が苦しいパートナーシップをスタートさせたのです。
悔しいけれど、私が原因だと、これまでセッションやワークショップを受け、そうハッキリ認めることが出来ました。
DV、ゲーム依存、仕事を怠ける
確かにこの事実だけ見ると、圧倒的に夫が悪いように見えます。しかし、そこに至るまでに、私がやってきた悪行の数々。

  • 夫が自分の気持ちをうまく表現できないことを知りながら、徹底的に言葉で責める。
  • 夫が友人との飲み会に行くたびに、「私は育児に家事に仕事に追われてるのに、良いご身分よね」と嫌味を言う。(夫は不器用なりに育児も家事も手伝ってくれていた。そのやり方が私の理想と違っただけ)
  • 仕事上でも、夫の見えない所での働きを過小評価し、「私の方が捌けるわ。こんな事もできないの?」とダメ出しのオンパレード。

こうして自分の自信の無さを、夫を下げて、私を上げることで埋めていたのです
私は私を満たすために、夫を利用していた。夫を感情を持つ1人の人間として認めていなかった。
夫だって「分かって欲しい。認めて欲しい」と思っていただろうに、知らんぷりしていました。まるで私の欲求を満たす道具のように扱っていたのです。
そんな妻と居て、意欲が湧くはずがない!心地良いはずがない!
DV、ゲーム依存、仕事を怠ける。
そうなってしまったことを責めることはできないと思いました。
夫には本当に申し訳ないことをしてしまった。そうやっと思えるようになりました。
今の苦しさは、私が原因であることを、はっきりと認めることができたこと。心から謝罪と感謝が出来た時、義父への思いが変わり、夫の素晴らしさが見えるようになって来ました。
気づくと夫はゲーム依存から、仕事が出来るように。本当にスゴい変化です。

お子さんにはどんな影響がありましたか?

これまで私は夫のことを、甲斐性なしだと見下していました。だから子供の前でも、夫を立てる事など出来ませんでした。
でもある日息子に進路相談をされた時「お父さんにも相談して、意見を聞きなさいね。うちの最高責任者はお父さんだから。」と、ふと言えた自分がいました。
自分でも驚きました。そんなこと、これまでは絶対言えませんでした。
でも私の言葉を聞いて、子供は安心した様子でした。
でも、私が夫をけなしている限り、子供達は夫の良さを受け取れません。半分は夫の血を継いでいるのに、それを否定してしまうのは悲しいこと。
何より、夫は甲斐性なしではない。
小さなことに文句を言うことなく、いつも家族を大きな愛で包んでくれている人。ユーモアがあって、家族に笑顔を与えてくれる人。
やっと、そう思えるようなってきました。
カチコチに凍っていた夫への愛情が、少しずつ溶けていくのを感じると同時に、それに合わせるよう、子供達もグンと自立しました。先日も驚くほどシッカリした考えを聞くことがあり、驚きました。
自分が変わることで、夫も義父も子供達も変わりました。家族が家族らしくなっていくことに、心からの嬉しさと喜びを感じています。

湯川のプログラムと他との違いはありましたか?

私が思うに、湯川先生のプログラムの特徴は3つあると思います。
一つ目
セッションやワークショップで知識をインプットして、現実世界でどう行動したらいいか、アウトプットできるようになること。

メルマガやブログを読んでインプットしても、行動に移してアウトプットしなければ変化はありません。
アウトプットが具体的にどうすることなのかが、セッションとワークショップの2本立てで、よく分かるようになります。この2本立てでされているところは、無いと思います。
インプットとアウトプット、どちらもやることで本当の意味で成長していくのだと思います。
 
二つ目
インナーチャイルドとの付き合い方が分かるようになること。
自分に甘すぎるのでもなく、厳しすぎるのでもなく、バランスをとれるようになります。
傷ついた自分は癒しつつ、やらなければならないことはピシッと躾ける。この感覚が体感として身に付きます。
 
結果、大人の思考ができるようになると思います。
もちろん、自分一人で出来ないときは、先生がセッションで導いてくださいます。
 
三つ目
同じ境遇のメンバーさんと繋がって、励まし合ったり、お互いの経験から学び合う場があること。
人は人の中でしか癒されないし、成長することもできません。
自分一人では分からなかった視点に気付いたり、自分の発言が誰かの気付きに繋がったり。
お互いに成長し合う場があることは、恵まれていると思います。
私もここで、「自分を認めるってこうしたらいいんだ!」とか「その視点があったんだ!」などなど
メンバーさんからたくさんの気付きをいただいてます。ありがたいことです。
メルマガやブログを読んだだけでは、思ったほどの変化がない方や、そもそも変化が正しい方向に向かっているのか 自信がない方。

悩んでいる時間がもったいない!

ぜひ、勇気を出してこのプログラムを受けてみてください。

新しい世界が広がるはずです。