パートナーシップ心理学ーなぜ都合よく人は「記憶」を書き換えるのか?

同じ出来事を体験しても、なぜかお互い全然記憶が違うことってあります。特に子供の頃の記憶。全然違うことにすり替わってしまったり、都合良く忘れたりするのは、一体どうしてなのでしょう?その原因と起こりえる影響についてお伝えします。

都合良く替えられた記憶に驚く

セッションをしていて、子供の頃に「記憶のすり替え」をして来たクライアントを、これまで何度も見て来ました。

その実態が分かった時、「これほどまでに自分に都合良く書き換えているものか」と、皆さん驚かれることが、しばしばあります。

もちろん私も都合良く書き換えて来た、その一人です(汗)

子供の視点は「今」と「自分」

記憶って見事に自分に都合良く創られます。

例えば・・・

子供がお夕飯前に、おやつが食べたいとダダをこねているとしましょう。
お母さんは「もうすぐ夕飯だから我慢しなさい、お夕飯が終わってからあげるから」と約束します。

お母さんは子供のために、少しでも早くお夕飯をつくり、食べさせます。

その後お母さんは、約束のおやつを子供にあげます。子供は嬉しそうに食べてます。

子供の善悪の判断基準と記憶のされかた

さて子供の記憶にはどのようにインプットされるのか?

「私は望んだことをしてもらえなかった!」とインプットされるのです!!!

大人からすると「え?ちゃんとお夕飯終わってからおやつあげたじゃない」と思うでしょ。

でも子供は違うのです。
「自分が望んだ時、望んだようにくれなかったから”してもらえなかった”」そう思うんですね!

望んだらその場で「即」してくれないと「してくれない」になり、同時に「親は悪い人」になるんです。どっひゃーでしょ(笑)

後でどれだけやってもらったとしても、他で沢山のことをしてくれていたとしても、自分が望んだその時に自分の望む形でないと「やってもらえなかった」と記憶をインプットするのです

そして「傷つけられた」と思うのです。

いやもうホント、どっちが傷つけてんのよ〜って感じでしょ(笑)

その記憶を今度はパートナーに向けると?

その記憶のまま大人になり、今度はその望みをパートナーに向けます。
パートナーなら自分が親に望んだことを満たしてくれそうな気がするのです。

そして期待します。この期待が超くせもの!(笑)

でもここでも同じ、自分の望んだことを、望んだようにやってくれないと、「ヒドいっつ!」「アリエナイ!」と思うのです

登場人物が違うだけで、同じことを何度も繰返してしまう訳です。そりゃ生き辛いですよ。人間不信にもなりますよ。

幸せは人から与えられるものにあらず、自分の責任でなっていくもの

自分が幸せになる記憶であるならば、残しておいた方がいいでしょう。

でも自分の幸せの足を引っ張るものであれば、サッさと手放した方がいい。相手に求めている限り、この苦しみからは解放されません。

幸せは相手からもたらされるのもではなく、自分しかもたらすことは出来ないから。

子供の頃の満たされなかった思いは、大人になってこのようにドカンと顔をのぞかせます。

それを埋めるのは、他人ではなく自分しか出来ません。
パートナーでも親でも子供でもない、自分しか埋められないからね。

埋め方は、こちらから学んで下さい!

 

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師