法則!奪うものは奪われる

「人のものを奪う」って泥棒や不倫など大きなことを指すのではなく、むしろ日常の些細なことで起こりがちなのです。無意識でやっている「奪う」を挙げてみました。あなたも無意識に「奪う」思考を溜めていないかチェックしてみてください。

日常でやりがちな「奪う行動」とは?

今日は「奪うものは奪われる」という話をしたいと思います。

そういうと
「え?奪う?そんなことアタシはしてませんよ〜」と思いますよね。

お金を奪うとか、他人の旦那や彼を奪うとか、そういう分かりやすいことではないのです。

実は「奪う」って、もっと身近なことで、やらかしちゃっているんですよー。

 

例えばこんなの

  • 自分で決断せず丸投げ(いや自分で一旦考えよう!)
  • 何度も同じことを注意される(聞いてるのか?)
  • 毎回ちょっと遅刻する(ちょっとというのがくせ者)
  • 決まったことをコロコロ変える(あの時間とエネルギーは無いことに?)
  • 最後まで言わず相手に察しさせる(ん?言いたいことは?)
  • アドバイスを求めて来たわりには「でもね」「そうは言ってもね」と結局反発する(じゃ何で聞く?)
  • スーパーでカゴに商品を入れたけど、要らなくなってその辺の棚に置く(誰が戻すの?)

相手の時間や労力を奪うことは悪なのだと知る

これがなんで奪うことなのか分からない?という方、マズいっす〜!(笑)

これは全て「相手の時間や労力を奪っている行為」なんですね。そう言えば分かりましたよね(笑)

つまりコレ、相手の立場に立って想像出来ない、ということなのよ〜。「周りを俯瞰する力が著しく弱い」ということ。

先日のメルマガでもお伝えしましたが、子供は「今」と「自分」しか見えないの。

なので、
自分が「今」聞きたい。
「今」答えが欲しい。
「自分」が困っているから何とかして。

このように自分視点でしか考えられないと、社会に出ても、結婚しても、ぶつかっては問題を起こしてしまいかねません。それってとってもしんどいことです。

ええ、湯川が散々やらかしてきたことなので、よー分かるのです(苦笑)

「奪う」思考はどこからやって来たのか

このナチュラルに「奪う」思考のルーツは、やはり子供の頃に持った親への思いですね。

親の時間やエネルギーは奪って当たり前。親なんだから子供のために全てを捧げるべきでしょー、なんて思っちゃってると、人の時間もエネルギーも奪うことに何のためらいも起こりません。

 

物事が現実化するのは思考が溜まった時

「奪う」思考が無意識であろうが意識的であろうが、溜まりに溜まった時、今度は逆にドカンと奪われる現実が、起こってしまいます。

それは、健康が奪われるかもしれないし、時間かもしれないし、お金かもしれないし、大事な人かもしれない。

そうなった時に初めて、自分がずっと奪って来た側だったのだと、自覚する必要があるんですね。

なのでまずは「人の時間やエネルギーを奪わない」
これを決めることなのですよ。

 

 

*今日の湯川の一言

今すぐ「奪う」ブレーキを踏む!!

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師