この結婚は失敗だったと後悔!離婚準備から人生180度転換の秘訣

「この結婚は失敗だった!」離婚に至らないまでも、つねにアタマには「離婚」の二文字が。そんな状態から「私は素晴らしい縁をもらっていたんだ」に真逆に変わったかたの声をご紹介させていただきます。
自分の中にすでにある「愛」に気付くことで、自分の周りの環境がガラっと変わって豊かな人生を歩み始めたかたの事例をお伝えします。

女神集中プログラムのコミュニティ

湯川です。

今日も日差しが厳しい〜!そんな中、日傘お店に置き忘れてしまい、今炎天下の中で、焦げてます・・・(涙)

さて湯川の半年の個別サポートプログラム「女神集中プログラム」のコミュニティが、今とてもアツい。

連日、メンバー同士で活発なやりとりがかわされています。お互いサポートしあい、認め合い、気付き合い、ぐんぐん成長しているんですね。

手前味噌ですが、正直、めっちゃいいコミュニティだと胸張って言えます!

 

その中で昨日、メンバーのHさんの投稿がありました。ホントに彼女は大変化したなあーと思うんですね。
彼女の了承得て投稿をご紹介させて頂きます。

 

昔の私は視野が狭く、夫や婚家の良い面などほぼ見えていなかった。

この結婚が間違っていたんだ。

夫は間違っている。

婚家は劣ってる。

 

違う人と結婚していたら、もっと幸せだったはず。

私は被害者。

かわいそうな私。

逆境に負けず頑張る私は、なんてけなげなの。

そう信じて疑わなかった。

 

しかし、このプログラムで学んで、やっとやっと夫や婚家から

たくさんの愛や知恵を与えてもらっていたことに気がついた。

おおらかさ、協調性、人との繋がりを大切にする心、
先祖を敬う心、健全な上下関係などなどたくさんのことを与えてもらっていた。

 

(結婚が間違っていたと思っていたけど)
もしかして私、とても良いご縁を授けてもらったのでは?

夫も婚家も何も変わっていないのに、私の見方が変わっただけで180度違う世界が広がりました。

愛がないのは私でしたね。

「自分が源」の意味が分かりました。

 

如何でしょう?

自分の被害者的な見方が変わったら、自分取り巻く世界が180度違う世界になったってスゴくないですか?

豊かさ得たければ愛に気づくこと

彼女はプログラム受講5ヶ月目の方です。

今は自分の周りに愛がどれだけあったのかに気づかれていますが、最初からそうではありませんでした。

むしろ「愛など無い」と思われていたんですね。

自分にはあるけど、親や夫には愛などない。そして「この結婚は間違っていた」と。

実は「無い」と思っていること自体が大きな勘違いなのです。ホントは「すでにある」のです。

でもこれは「無理に思い込む」ことではありません!それだと本心はまだ「無い」掴んだままだから。

そして「愛がある」こと実感出来ることは、すなわち豊かさのベースにもなっています。

つまり豊かさって「すでにある」という土台の上にしか積み上がらないものだから。「無い」ものの上には積み上がらないの。

未熟なままだから問題が起こる

そして私のセッションでは、皆さんの問題見て行く際に「愛はすでにある」という視点絶対にブレさせません。

特に「親には愛があった」という点ね。

ここ外すとデタラメなセッションになりますし、豊かさ得るどころか、そもそもの問題解決にさえ至りませんからね。

ではなぜ「愛がない」と感じるのか?

ずばりコレです。

「欲深いから」

あ、欲深いことが悪いことじゃなくて、 欲に見合ったエネルギーが出せていないことが問題なんですね。
出せていればその場合は 欲深いことでチャレンジ出来ているなら、それは良いことになります。

悪になる場合は、

もっともっと欲しい!足りない!足りない!と思い、それに見合ったエネルギーを出せていないワケです。つまり「欲しい!」でも「自分からは動かない!」という状態ですね。

そしてこう思うルーツは、小さい頃「もっとお母さんに◯◯して欲しかったのに!もっともっと!!」という親に対する期待の高さと不満に思う気持ちが根っこにあります。

小さいころは誰もがそれを思うのですが、大人になってもこの未熟な思い成長させることができないままだ、というのが、問題が起こる原因なのですよ。

あ、もちろん全部が全部、ということではなく、自分の中の一部ですよ。でもその一部が自分の幸せの足を引っ張っているなら、変えて行きたいですよね!

愛がある世界

お話し聞くと、殆どの方がそれはもう充分すぎるほどの愛もらっておられました。

ですがそれが当たり前だと、スルーするのです。

自分の中では一切カウントされないのです。

もっともっと欲しい!という欲が大きいと「自分だけがもらっていない」「自分だけが損している」とおもってしまうんですね。

そして親は私には厳しかった、甘えさせてくれなかったと恨みに思い、親に愛されなかったと言う勘違いループにハマってしまいます。

この幼い頃の勘違い修正し、未熟な心成長させなければ「愛」永遠に探し求める人生で終わってしまいます。

いや、もうホントそれ悲し過ぎます!!

だってあるのに、それに気づかずにずっと無い!と思い何十年も過ごすだなんて…。

探すステージは、本当は思った以上にさっさとクリア出来るのですよ!それが出来ると自分の周りにある、溢れんばかりの愛感じることができます。
それが分かると、今度は豊かさも手に入れることができます。

さらにその次のステージは創造のステージです。

でもね、いきなりはそこにはいけないのです。順番が大事。
愛が無いと思うのなら、まずは愛はすでにある!という世界体感していくことからです。こちらの記事も合わせてご覧下さい。

 

◯人間関係のトラブル起こしがちな方が高めると良いもの

○繰り返し恋愛や結婚で悩む方へーこれに気づくと楽になります

○不平不満が多い人が心がけると良いこと

湯川 央恵

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師