インスピレーションが降りて来る人とは!?

頑張らない!?

先日、Facebookのタイムラインで、

こんな感じの記事が流れておりました。

 

「頑張るのではなく、やりたいことだけをやる!

そして、心の中に浮かんだ「ふと」を優先する」

 

この投稿を見たとき、正直とても違和感を感じました。

一見良さげなのです。

 

でもこれは「ありのままでいいのよー」と同じ構造。

記事:ありのままで良いと思えば思う程しんどくなるワケ

https://realize-bp.jp/5471

 

 

インスピレーションが得られるのは、こんな人

ハッキリ言います。

これがまかり通るのは、

これまで散々やるべきことをやって、がっつり努力してきた人だけ。

 

湯川はそう思っています。

 

それを勘違いして

「そうなんだー、んじゃ私もやりたいことだけする♡」などと言って、生まれてからまともに「やり切った」ことのない人が、これをやると、どんな人生になって行くのか?

 

コレからの人生も、自分に甘々でやっていこうっていうのは、やめた方が良い!

怠け者は、それをやっちゃいけないのです。

 

精神的贅肉がついたままで、好きなことだけをやっても、なーんも変わらんです。

 

それどころか、さらに贅肉を増やし、一層、自分では動けない人になっていきます。

 

それは、限りなく不自由な世界です。

やりたいことだけやって、行き当たりばったりな生き方が出来るのは、ギリギリ30代まで。

 

40代からはそんな生き方では本当にマズいのです。

 

ある日「ふと」(インスピレーション)が降りて来る人というのは、

普段からやるべきことをやり

自分で考え、決断しているからこそ。

 

そうじゃないときに降りて来る「ふと」は、自分をラクな方向に走らせ、

怠惰にさせる可能性が多いってこと。

 

そりゃそうです。

これまで「やり切った!」と言える経験や蓄積がないのに、その上で降って来るものは、自分の経験値を超えるものであるはずが無いのです。

 

浦島太郎のように、そのときは竜宮城で楽しいひとときを過ごしても、後で自分と周りとの能力や生き方のギャップに、驚くことになってしまうのです。

 

でも日々、戦士のようにギリギリまでやり切って来られた方。

その方は、今こそ方向転換の時期です。

 

まさに

「頑張るのをやめる」

「やりたいことだけをやる」

「心の中の、ふと、を優先する」を実践するタイミングなのだと思いますよ。

 

 

勘違いは修正した方がいい

湯川のセッションは、クライアントさんにとって必要だと思うことは、ずばっとお伝えします。

たとえ耳に痛い言葉であっても、誠実にお伝えします。

 

「もやもやしていたけどセッションでハッキリ言ってもらえて、良かった」と仰る方が圧倒的に多い。

 

勘違いを修正するところになると、皆さん大体、大笑いする方が多い。

もしくは「へっ!?」という感じ。

 

「今迄そんな風に見たこと、無かったー!」

「アタシって、こんな大間違いしてたんだー」ってね!

こうして笑えるくらいになると、

思考の修正もスピード感を持って、やっていけますねー。

 

 

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。