不平不満の多い方が知っておくと良いこと

湯川です。

自分の要望を口にしていますか?

いろんな方の相談を聞いておりますと、多いのが「自分の要望(ニーズ)を口にしていない」ということ。

そういう方は無意識でしょうが、とても不平不満が多いのです。

自分の周りにいる人で、いつも不平不満を言ってる人を、一人思い出してみましょう。その方を観察してみて下さい。

自分の思いを相手に率直に言ってない、というのが発見できると思いますよ〜。

率直じゃない言い方例

恐らくこんな言い方になっていると思います。

例えば

・  遠回しに言う

・  正論を言う

・  「○○さんがこう言ってたよ」と代理人を立てる

・  暗にほのめかす

 

こういうことをやると、確かに「No」と断られることは無いでしょうけど、自分の欲しいものは、いつまで経っても手に入らない可能性が高い。

だから余計に不平不満が募るのです。

さらに場合によっては、より相手との関係を混乱させてしまう事になりますね。百害あって一利無しです!

それ、ただの押しつけですから!

また「言わなくっても、それくらいのこと分かって当然よね」と思っている方は、周りに自分の「こうあるべき」を無言で押し付けているってこと。

彼なら、

親なら、

夫なら、

友達なら、

こどもなら、

○○くらい分かるわよね、○○が出来て当然だよね、などと勝手な期待を押し付けて、言語化しない。

勝手な期待が大きければ大きい程、そしてそれらがアタリマエだと思えば思う程、不平不満度が大きくなって行きます!!

言語化しないで分かるだなんて!イタコかエスパーちゃいますから!(爆)

断られることも当然ある

自分の思いや希望、ニーズをキチンと言葉にしないと、ホント何も伝わりません〜。

例えば

「明日の仕事を手伝って欲しいの」

「遅くなる時は必ず○時までに連絡入れて欲しい」

「今度の日曜日、会いたいの」

 

こうやってまずは自分の気持ちを率直に、そしてニュートラルに発言してみましょう!!

ただし、相手から断られることも当然ありうることです。

あなたが相手の要望に「No」と言う自由があるように、相手があなたの要望に「No」を言う自由だって同じようにあります。

でも、自分は「No」を言うけど、相手からの「No」は許せない!自分の要望は通ってアタリマエ!などという幼稚な幻想は捨て去ることです。

こんな思い込みがありませんか?

相手からの「No」が許せないとか、怖いと思う方は「要望には応えるべき」という思い込みが、相当強いんだと思います。

そうすると相手から何かを頼まれたら、全力で応えようと必死になってしまうはずです。だからこそ、自分の要望に応えてもらえないと、過剰に傷つくわけです。そして大事にされていないような気になるワケですね。

すると一層不平不満が募ってしまう。

だから自分の要望を伝えること。Noも有り得ることを含めて、率直に伝える、ということがとても大事になって来るんですね。

それでも出来ない方は、インナーチャイルドワークで子どもの頃に決めた「愛の定義」を書き換えることが一番早いかと思います。

 

関連記事:自分の思ったことを人に言えません!のカラクリ
https://realize-bp.jp/5487

・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。