年収は妻の方が上の円満夫婦「アゲ妻」がやっている「たった一つのこと」とは?

夫が家族の一番の稼ぎ頭じゃなく、むしろ妻の方が年収が上の場合。夫のプライドを傷つけてギクシャクしてしまうことが多い中、円満夫婦でうまく行っているご夫婦もいるのです。その場合、どんなことに気をつけて行けば良いのかについてお伝えしています。

妻が夫よりバリバリ働いて、稼いで一家を支えている場合

湯川です。
先日のメルマガ「夫への不満 第1位はコレ!」は読んで頂きましたでしょうか?

この記事に対して質問を頂きました。

「妻が夫よりバリバリ働いて、稼いで一家を支えている場合は、どう考えれば良いのか?」

これについてはプログラムメンバー限定のコミュニティで、既にお答えしたのですが、実は同じような質問を、さらにメルマガ読者の3名の方から頂きました。

1つの記事に対して、4人の方から同じような質問が来る、
というのはなかなかありません。
なのでこのことについて、改めて記事にさせて頂きますね。

男性のプライドを破壊しない

まずは男性心理として
「女性をリードしたい」という思いは、
どんな男性でも少なからずあるのではないかと湯川は思っているんですね。
(もちろん男性であってもリードされたい、と思う方もいらっしゃるでしょうが、ここではそれを含めない方向での、お話にさせていただきますね)

ところが妻より夫の自分のほうが稼ぎが少なく、圧倒的な差があるとすれば
想像しただけでも、夫は相当な劣等感を感じていると思うのです。

その劣等感を感じたく無い為に、
嫁より全然イケてない変な女性と浮気したり、
お酒やギャンブルに走ることはよく聞きますね。

男性としてのプライドを守る為の必死の行動。

夫に勝ちたい!絶対負けたく無い!思考

だとするならば、ここで考えて欲しいのは

【夫の稼ぎが少ない方が
妻側にメリットがあるとするならば?】

という視点です。

つまり妻として夫に
「劣等感を感じさせたい」
「自分の方が上(勝ち)だと完膚なきまで知らしめたい」

という思いが無かったかどうか、なんだと思うのです。

大概、最初の思いって皆さん忘れているんですね。
最初は「負けたくない!」「夫に勝ちたい!」と思っており、
それが現実化して、自分が圧倒的に稼げるようになると、

今度は「なんで私ばっかり!」「もっとしっかりしてよ!」
などと思うワケです。ホント都合がいいのです(笑)

これが「アゲ妻」の姿!

ただ、世の中には妻の方がバリバリ稼いで
夫はそうでもない、というカップルはおられます。

それでも上手く行ってるところは、あります!!

その夫婦がされていることは、たった一つ。

妻がどれほど社会的に成功していても、

その成功を支えてくれたのは”なのだ”
ということを決して忘れていない

ということ。

仕事ではバリバリとリーダーシップを発揮していたとしても、
ご主人の前では本当に夫を立てておられる、可愛い奥様なのですよ。

妻がバリバリ成功しても、そこさえ忘れていなければ、
ご主人としても嬉しいし、妻も嬉しい。周りも嬉しい。
三方よしですね!

 

夫を下げて自分を上げようとするのではなく
夫婦揃って上がって行くパートナーシップを目指して行けるといいですね〜。

 

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師