人の悩みは大きく分けて「人間関係」と「お金」の悩みと言われています。

これを同時に解決できます!
と言うとどう思います?

いやいや湯川さん、同時にって、そんな上手くいくワケないじゃない!と思いました?笑
ですが、今日は2つを同時に解決された方の事例をお伝えさせていただきますね!​

パートナーシップ心理学アカデミー 代表 湯川央恵です。

お金と人間関係に困る人の傾向とは

​実は「いつもお金に困っている方」の傾向ってあるんですよ。

何だと思います?


それはいつも
「足りない」ことばかり探している方です。

​自分が既に満たされている「ある」ことよりも
「ない」ことばかりに目がいく方ですね。​

足りないことばかりをみる

例えば人からの親切も、やってもらったことよりも
むしろ「もっとこうして欲しかったのに!」という足りない部分を見ては不満を募らせたり。

​頂くお給料も、
自分がもらう給料の3倍の価値を会社に、もたらしているかという視点で全く見ずに、
額面だけを見ては少ないと文句を言い

​身内からの進言も、その言葉の中身や、本当に自分が気づくべき点として受け止めることなく、
ただ耳の痛いことを言う人だと見る。

​こうして「ある」ことを見ずに
「ない」ものばかりを探す天才なんですねー。

​お金と人間関係で困っていた事例

実は、過去の私がまさにそうでした。

夫から誕生日に24区のカーディガンをもらった時も「色が気に入らん」と文句を言い、
スワロフスキーを全面にあしらった小さな宝石箱をもらった時も「こんなの貰ってもね」と文句を言う。​

いやもう、あんた何様よ!と、今ならシバき倒します

​あの頃の私は、マジで、お金にも愛にも足りなさ感を抱えていました。

いつも「何かがない!」「足りない!」と認識していたわけです。

​お金も人間関係も解決のヒントは内側にあり

何度もこのメルマガでお伝えしているように
自分の内側にあるものが、外側に現れるわけです。

そりゃこんなに「ない」が渦巻いていりゃ、自分の現実もあらゆるところで「ない」が現実化されて当然なワケですよ。
ここまで読んだ方は
こんなことを思いませんでしたか?

​現実が実際「ない」から「ない」って思っているだけ。
だから「ない」と思っているから、現実が「ない」んじゃないんです!

どうでしょう?思いませんでした?笑

お金と人間関係に問題を抱えるルーツは

​実はお金っていう形になる前に、一番振り返って欲しいのが「親からの愛」なんですよ〜。

​また親の愛?と思われました?笑
もう耳タコやと十分わかってますとも。

でも、分かってるんですが、やっぱり大事なので言います。

親の愛なんですよー。

親の何をいまだに握りしめているのか?

親から言われた言葉だけを切り取って、いつまでも
「あんなことを言う親はダメだ」
「親のせいで自分はこんなことになった」と、思うことで「自分は親から十分愛されていない」と思っちゃうわけね。

これが「思考の型」として自分の脳の深〜い部分(大脳辺縁系)にインプットされるの。

これがこのメルマガで何度も言ってる「根っこ」ですね。

根っこにインプットされているものが現れる世界

​この根っこに「ない」がインプットされてると、その人の人生には常にあらゆる事象において「ない」という現実が現れてしまうわけ。

お金がない、
自信がない、
信頼がない、
信用がない、
繋がりがない、
評価がない、
力がない、

​そして「愛がない」

ねー?なかなか恐ろしい話ですよね笑

​だから親との関係性が改善すると、パートナーシップを始め、あらゆるところに波及効果が及ぶワケ!

長くなりました。

お金の問題も人間関係(特に親)との関係を改善した方の事例をお伝えします。

かなり詳細に書かれていますので、たくさんの方の参考になると思いますよ!

ではまた!

 

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!