湯川です。
先日の「言う事を聞かない子供にイライラしてしまう」というブログに、感想を頂きました。
まだ読んでおられない方はコチラから ↓ ↓ ↓

言う事を聞かない子供にイライラしてしまう

このような感想を頂きました。

「親はネガティブな発言が多く、自分自身、ポジティブな思考や言葉かけで育てられなかった。それでも親の言うことは正しいのか?」

とっても大事なことなので、これについて湯川はどう考えているのか、ブログ読者の皆さまにもシェアしたいと思います。

私に対してネガティブな父親

 

 

 

 

 

 

クライアントのFさんの事例をお伝えしますね。

Fさんは独身の頃、ある新興宗教に熱心になっていました。
その時お父さんに、その宗教の素晴らしさを話したのですが、それに共感するのではなく、むしろ矛盾点を言って来たそうです。
(あ、決して宗教がいいとか、悪いとか、そういうことを言いたいのではないのですよ。)

その時のFさんは「なんでいつも一方的に決めつけるの!」「何も分かってないクセに何でそんなこと言うの!」「分かったようなことを言うな!」
そう思っていたんですね。
家族が幸せになれないのは、父親のこの短気でネガティブな性格のせいだから、幸せになる宗教のことを教えてあげたのに!
と思っておられたんですね。

何をもって「ネガティブ」と捉えるか

その後、Fさんは宗教への熱も醒め、自然と足が遠のいた、ある日のこと。お父さんの指摘が、まさに的を得ていた出来事が起こったんですね。
詳細は割愛しますが、Fさん曰く,

「父はネガティブで性格が悪いと思っていたけど、実は、私に見えない部分や、冷静になること、頭を冷やすような言葉を言ってくれていたんですね。
なのにそれを私は「ネガティブ」と捉えていただけだったんですよね。」

そう、子供の目からはネガティブな意見と見えることであっても、それが本当にネガティブなのか?ということです。

 

 

 

例えば自分は能天気で、あまり計画性もなくイケイケドンドン、闇雲に人を信じてしまうところがあるならば、親の言う事は不安を煽るような言葉だったり、ヤル気に水をかけられるような、ネガティブワードに聞こえただけ。

つまり視野が狭い時は、的確なアドバイスや指摘を「ネガティブ」や「自分への攻撃」だと捉えてしまっただけかもしれないのです。

「このまま行くと危ないよ!」「ここを注意しなさいよ!」
それを教えてくれていたのかもしれませんよね。

Fさんがお父さんに言いたかった「分かったようなことを言うな!」という思いは、まさに自分にこそ必要な言葉だったわけです!!
自分こそが「分かってないのに、分かったように思っていた」のですから。

湯川も子どもの頃を振り返ってみた

私自身も父親に「お前は、”待てしばし” がない」と良く言われていました。あ、「待てしばし」って、こらえ性が無いってことね。

いやー、あの頃の反発していたワタシに言いたい!
「お父さんの言う事を聞け!こらえ性を持て!」とね。ホントお父さん、よーく私のことを、見てくれていたなあと思います。

道徳的に「親に感謝しましょう」とか言いたい訳じゃないんですよ。
「親よりも自分は正しい!」と思っていると、折角の親からの言葉が入って来ないばかりか、親の愛も豊かさも、受け取り「全拒否」しているってことですからね。

豊かさを手に入れるには

まずは親に言われた事を、素直に聞こうとしているか、ということですね。
これはもう思考のクセなので、親の言う事を素直に聞いていない人は、夫や上司の言う事も素直に聞こうとしていないハズです。
聴くとは、行動に移す、ということでもあります。聞いただけで行動が伴っていないのなら、それは「聴いていない」ということですね!

 

★今日の湯川の一言
親に言われた事は素直に聴いて、行動にうつす!!

湯川 央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!