———————–
10月体験会満員御礼

11月度は
10月20日募集開始!
———————–

「おい!さっさと事務処理しろよ!大した仕事してないんだから、これくらいやったらどうなんだ!」

あぁ、まただ。
家事に育児、そしてパート。3人の子供を抱え、私はてんてこ舞いの毎日。
なのに自営業を営んでいる夫は、私の普段の仕事を「それくらい」と軽く見る。

私のやっていることが否定され、何とも言えない無価値感に襲われる。

こんばんは。自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

ちょっといつもと違う出だしで始めてみました(笑)

毎日クタクタになっているのに、まだ「働け」と?

今日はクライアントOさんの事例を、紹介したいと思います。

冒頭にも書いたように、Oさんは家事育児に追われ、おまけにパートの仕事もやっているのに、夫の営む自営業の事務仕事まで「やれ!」と言われる毎日。

なんてひどい夫!と思ってしまいますよね。

「毎日クタクタなのに、これ以上どうしろって言うのよ!
体がいくつあっても足りないわ!事務処理なんてそんなの自分でやってよ!」

そんな風に思うOさんだったんですね。

ここまで読むと
「そりゃそうだよ〜、Oさんの言う通りだよ〜」
「夫の言うことなんて出来ないよ〜」と思いますよね。

夫の言い分

Oさんの夫は、めちゃめちゃ働き者なんですね。
一戸建ての購入計画が何年か前からあり、それに向けて猛烈に夫は働いてくれていたんですね。

でもこんな言葉が、よくあったそうなのです。

なんで俺が家族のために、犠牲にならなきゃいけないんだ!

なんで犠牲になるのは俺ばっかりなんだ!

お前は一体何がやれてるんだ!

そこまで夫が自分を追い込む位なら、もう住宅の購入はいらない。

Oさんは夫が仕事で一杯一杯になると、
このように八つ当たりされているように感じていたんですねー。

子供時代、親のことをどうみていたのか?

ところでOさんは子供の頃、両親のことをこんな風に見ていました。

お父さんは身勝手で、お母さんはそんなお父さんの犠牲になっている。
お父さんは大したこともせず、手伝わないくせに、
ちょっとやっただけで「俺はこんなにやったんだ!」とアピールしているように見えていました。

そしてお父さんはあろうことか
「これ以上働いて自分の体を保てなくなるとダメだから休まなきゃ」と。

Oさんは
「生活が出来たのは全てお母さんのおかげ」
お母さんが生活のベースを作ってくれて、お父さんはいいとこ取り。
寝たい時に寝て、やりたい時にやりたいことをやる。


100%お母さんが正解で、
お父さんは間違っている!

そんな風に思っていたんですね。

 

お父さんに言いたいことは・・・

そんなお父さんに何て言いたいか?
ときくと、Oさんはこう答えてくれました。

甘ったれるのもいい加減にしろ!

食べさせてもらい、世話してもらっているのに居場所がないとは何事だ!

これ以上動くと自分の体を保てなくなるとは、ちゃんちゃらおかしいわ!

そうです!

お父さんの姿は、まさにOさんの姿だったのです。
そしてお母さんの姿は夫の姿。

お母さんが100%正しいんだ!と言うのであれば、夫の言うことは100%正しいと言うことになります。

では夫の言うことを、Oさんは聞かなければいけないのか?
でもOさんは納得できません。

だって今でも、クタクタになるくらい働いているんですから。

それ以上にまだやれ!って納得出来ませんよね。

さてここからどうなるのか?

解決の道はあるのか?

Oさんは一体どうなるのか?

続きはこちらから

湯川央恵

———————–
10月体験会満員御礼

11月度は
10月20日募集開始!
———————–


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!