言う事を聞かない子供にイライラしてしまう

湯川です。

「子供が言う事を聞かずイライラしてしまう」というご相談は、パートナーとのお悩みと同じくらい、実は多い相談案件です。

どうしてうちの子は私の言うことを聞かないのか!

例えば、子供の言っていることが「単なる我がまま」と分かっていても、つい聞いてしまう時ってあると思うんですね。

厳しく言うと余計に拗ねるし、口もきかなくなるし、余計に面倒だー。なので「もういいや」と思って、ついつい子供の我がままを、ブツブツ言いながらでも聞いてしまう。

子供の為には、親は言うべき時に、びしっと言わなければイケナイ、とは分かっているハズなのに、それが出来ない時って怒りも溜まって来ますねえ。

実は子供が親の言うことを素直に聞く時は、たった一つの法則があるのです。

子供が親の言う事を聞くたった一つの法則

それは、「親であるあなたが、親の言う事を聞けている時」なんですね。

親よりも自分のほうが分かっている。自分の方が親よりも正しいんだ、と思っていたならば、子供は言う事をききません。

つまり「自分の親の言う事は正しい」と自分自身が思えているか否か、ということなんです。

このブログでも「親のことを見下していないか?」という言葉が出て来ていると思うのですが、この言葉で、すぐにピンと来る人のほうが少ないと思います。

「親に感謝してます」と言いながら、親よりも自分の方が物事分かっている、と思っていたならば、それは「見下している」ということです。

また「友達親子みたい」というのも同じですね。
「友達」ということは、親と自分を「同列」に見ている、ということ。親は同列ではないのですよ。

そもそも見下しているからこそ、同列に扱っている、ということなんですね。

これくらい細分化しないと、人ってなかなか気づかないものなのです。

気づかないと変えようもありませんからね。

自分と親との関係性をみる事

子供の頃の自分と親との関係性は、今の自分の子供と、親になった自分との関係性にそのまま現れます。

親との関係性は、彼や夫などパートナーシップに見事に現れますし、上司・部下との関係性にも現れますし、どこにでも現れて来るものなのです。

だから今、目の前の問題に対処療法で取り繕っても、根本解決にはほど遠い、ということなのです。

なので、子供が言う事を聞かない時は、自分自身が親の言う事をキチンと聞けているか?スルーしてないか?軽く扱っていないか?言われた事を実践しているか?ということを振り返ってみて下さいね。

 

★今日の湯川の一言★

親の言う事は正しいと思えているか!

 

湯川 央恵

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。