心の奥深くで理解してみると!?

こんにちは。湯川です。

先日ブログに書きました「愛されていない証拠探し、やめませんか?」にこんな質問が届きました。

ご本人の許可の上、シェアさせて頂きます。

ブログの感想とご質問

湯川先生のブログの感想です。

(中略)

1、不満を感じるのは、やってもらって当たり前やんと思ってるから

2、つまりそれは、やってもらっていた経験があるからそう思う

3、だからこそ、やってもらっていたのは愛情だったと気づく

4、逆にやってもらわないことが(成長や自立のためには)当たり前だったのだと気づく

5、不満は不満じゃないじゃん!と気づく

 

ここまではわかるのですが、この後ってどうなんでしょうね?

不満をどう処理したらいいんだろうか・・とふと疑問におもいました。

 

湯川が解説してみると

まずはここまで気づいた、ということが素晴らしいです。ただ気づいたけど「不満」は残ったまま。

どうすりゃいいの?と言う事なんだと思います。

これ、実は立場を逆にして考えてみると、とってもよくわかると思います。

【例】彼の立場で考えると

例えば自分が彼に散々いろんなことをやってあげていたとしますね。

彼はそれがアタリマエだと思っていた。

自分はそれくらいのことをやってもらって当然、だからそのことについて何の疑いもない。

やってもらえなかったらその事を不満に思っていた。

でもあるとき不満があるというのは、散々自分がやってもらっていたんだときづいた。

だから不満を持つのは違うのだとわかった。

でもまだ「この不満の持って行きようがないんだよね」と自分が言われたとしたら、どう感じますか?ということ。

「え?それって、わかっていないよね!」と言いたくなりませんか?

つまり本当にこの状況が理解できたら「こんなにやってもらっていたのに、全然気づかなくて本当にゴメンナサイ」と謝りたくなりませんか?

「この不満はまだ残ってるんだ」と言ってる間は、頭の表面で「わかった」だけで本当の意味での「理解」や「肚落ち」ではない、ということなのです。(つまり「理解したくない自分がいるとしたら?」で考えて行くのが次の課題ですが…)

解決策とは?

なので、ここでやって行く事は、以下の3つ。

①どれだけ自分がやってもらっていたのかをキチンと書き出す

②それに対して心の中でしっかり謝罪する

③やってくれたことに対して心から感謝する

この順番なのです。

私達は謝りたくないときは「感謝」で誤摩化します。

感謝しているから、私は謝罪をする必要はないと思っているところがありますが、そうでは有りません。

まずは無意識だったとは言え、自分の傲慢さや未熟さで過剰な要求をしていたことや、やるべきことをやっていなかったことを、しっかり謝ることなんですよ。

このことを実体験して現実を大きく変化させたSさんの事例を是非ご覧下さい。

参考記事:Sさんの実体験に見る、現実が変わらない人が変わる3つのポイント
https://realize-bp.jp/6018

なので是非①②③をやって頂きたいと思います。

でもその時に、自分を責めてしまうのは違いますからね。

参考記事:気がつけば自分責めばかりしていませんか?
https://realize-bp.jp/6063

 

3月20日から3ヶ月集中コースのオンライン相談会(無料)の申込受付を開始しています。

 

湯川 央恵

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師