女性は妊娠しただけでコレを持つ

自分が望んだことのハズなのに、いつの間にか相手のせいにしている。いろんな影響があったとしても、最終的には自分が全て「決めている」のです。それを都合良く人のせいにして、自分は被害者ポジションに収まっていた、ところから内なる安心感を持つ迄のプロセスを湯川の事例でお伝えします。

妊娠が分かった時

湯川です。
今日は湯川の結婚当時の話を。
実はこの話をするのは初めて。ちょっとドキドキしています。

 

夫と結婚した時、私はコンサルティング会社で営業の仕事をしていました。大変ではありましたが、楽しい仕事でした。

「No.1営業マン」と言われ、
社長からも取引先からも可愛がられたんですね。

 

 

そんな中、夫と出会い、いわゆる「デキ婚」で寿退社。
その後、夫の経営する会社に入りました。

妊娠が分かった時、嬉しかったと言うよりも、
実は怒り落胆だったのです。

それは「避妊してくれなかった夫」に対する怒りと、
仕事を辞めなければならない悲しみでした。

本当にダマされていたなら

特に妊娠を告げた時、夫が「計画通り!」と言ったのを聞いて
「最初から企んでいたのか!」
「私はハメられた!ダマされた!」

そんな風に思ってしまったんですね。

いやー、お恥ずかしい!

今なら
「アンタ、何言ってんの!ダマされてたら、とっくに捨てられとったで!」
「ホントにダマしたなら、その女と子供を25年も養うって神かよ!」
「強姦された訳でもないのに全部人のせいにしてるのって何!」
「四の五の言ってんと、もらってくれる人が居て、アンタ逆に良かったんやで!」

と過去の私に、強く強く言いたい(笑)

その後私は、結婚そして出産。
そんな恨み心を持っていたことなど、すっかり忘れていたのです。

実際、子供が生まれてくれて本当に良かったし、
子供達のお陰でどれほど私の人生に、
彩りや豊かさが与えられたか、計り知れません。

無意識に恨みをはらすとは?

でも私は折りに触れ、夫をちくちくと攻撃し
恨みを晴らしていたんですね。

ただ当時「恨みを晴らしていた」とは全く思っておらず
「無自覚でやっていた」ということ!どっひゃーでしょ(泣)

具体的には・・・・
言うことを素直に聞かない、
夫にだけ冷凍ご飯の温めたものを出す、
セックスはあからさまに嫌々応じる、
すぐに拗ねて泣く、
実家の母に頼る…などなど

いやもう、マジヒドいっすね。

これが「夫を攻撃している」とは
当時は全く分かっていませんでした。

むしろ「アタスって可哀想💦」くらいに思っていたんですよね。

無知ってマジ怖い!

ダマされたと思う、その裏に隠れている本心

「私は夫にダマされた」なんて言ってましたが、
もっと心の中を微細に見た時、違う思いがありました。

 

結婚前、確かにコンサル会社の営業は楽しかったし、
それなりの収入も頂いていました。

ただあの頃、両親が離婚し、
自宅には父の彼女が居ました。

その人の作る味噌汁がとにかくイヤで、
家を早く出たかったのでした。

 

夫は経営者だったから、お金には不自由しないだろう、
そんな風に思っていたんですね。

それに仕事は楽しかったけど、やはり責任もノルマもあり
しんどかったことは確か…。

 

つまり・・・・

 

私はあの時、ダマされて渋々結婚した訳じゃなく

むしろ結婚したかったのだ!

そして子供が出来て会社を辞め、
夫のいる和歌山に嫁ぐ方がメリットがあったのだ!!

 

そうハッキリ腑に落ちた時、
心の中で忘れていた夫への恨み心が溶け出しました。

全て自分が決めているんだ!

全て思った通りになっていたんだ!

 


それを夫のせいにし、
ダマされたと思っていたことを、
心から詫びました。

 

本当に申し訳なった!
本当にダマしていたなら、25年間も婚姻関係を続けていないし、大切にもされていなかったはず。

なのに、そんなことは本当に
当たり前だと思ってしまっていたのです。

いやー、こうして告白してお恥ずかしいですが
普段皆さんに言ってる私も、最初はこんな状態だったのです。

そこから気づいて、今があるわけです。

自分の気持ちをまずは受け止めること

なので、今いろいろと自分のダークな部分に気づいた方も
これから気づいていく方も、どうぞ安心して下さい。

自分自身を見つめていく作業に
終わりはありません。

そしてやればやるほど、
自分自身がさらにラクに、さらに能力を発揮でき、
安心の中で日々を送ることが出来るものだなあと実感しております。

その安心感は外側からもたらされるものではなく、
内なる安心感なのです。

自分が自分を信頼し繋がっている、という安心感ですね。

 

女性は不思議と、妊娠しただけでなぜか
「被害者意識」を持ちます。

 

私の場合は「ダマされた」という思い。
人によっては「何で私が!」とか
「我慢して嫁になってやった」や
「養ってもらえる」と親代わりにしている人もいるかもしれません。

 

ただどういう思いであろうと、それをどうぞ否定しないことです。
そこにはそう思う理由が、ちゃんとあるのですから。

その思いに気づいてあげることが、まずは大事なことだと思うのですよ。

その後、バッチリ修正や躾直しを、やっていけばいいですね!

 

湯川 央恵

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師