恋愛・結婚・子育てが上手く行かない人の99%の人がやってること

彼と仲良くなりたい、愛し愛される関係になりたい。そう思っても実際はなかなかうまくいかない理由って一体なんだと思いますか?1つが変るとドミノのようにガラリと変るものです。さあ本文を読み進めてみて下さい。

「旦那デスノート」にきっと書いていただろう過去の私

今日は寒いと思ったら、午後から雪模様の東京@高円寺です。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

昨日から体験会を行っています。
皆さんの話しを聞いて、どれも「あー、それ分かるなあ」と思ってしまうのです。

今ではこんな感じで皆さんにいろいろお伝えしていますが、十数年前は「悪いの夫」「私は可哀想な被害者」と信じて疑っていませんでした。

昨今「旦那デスノート」なるものがあるらしいのですが、当時の私なら迷い無く、そのデスノートに夫の名前を書き連ねていただろうなあと容易に想像がつくくらいなのです(苦笑)

なので皆さんの辛い思い、何とか状況を改善したいという思いは、人ごととは思えないのです。

2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s.jpg

むしろそんな大変な中「自分にも何か変えるべき点があるかもしれない」「自分にこそ原因があるかもしれない」

そう思って体験会に申込、湯川の元を尋ねて下さることに
本当皆さん、マジスゴいなあって。

あの頃の私より、数倍進んでいるなあって
掛け値無しにそう思えるのです。

そして有り難いことに、湯川の元に学び集ってくださっているアカデミー受講生さんは、どなたも本当に真面目で、前向きな方がほとんど。それはもう本当に有り難い限りなの。

download-15.jpg

参加者からの声

今日の体験会で参加者の方が仰っておられたのですが
「夫とうまく行かない理由がこんな所にあったなんて!」と驚かれていました。

そうなのです。

十数年前の私も

どうやったら人生うまく行くんだろう。
どうやったら夫と普通の夫婦関係が築けるのだろう。
どうやったら子供にヒステリックにならず、安心して育てて行く事が出来るのだろう。
顔色を伺って、言いたいことも言えない緊張した人間関係ではなく、どうしたらリラックスしていても大丈夫な自分になれるんだろう。

どうしたら、どうしたら…。

8c76b8fe.jpg

こんな思いをずっと抱えていました。

今、そんなことを言うと皆さんに「マジっすか!」と言われますが、当時は本当に崖っぷちでした。

夫の会社で働いていた私は突然解雇され、収入がゼロになり、夫と別居することになり、夫への恨み心しかありませんでした。

こんな私になったのも、器のちっちゃいダメ夫と、喧嘩ばかりしていた親のせいだと思っていたんですね。

当時から私はいろんな本を読み、セミナーやワークショップに出かけておりました。

どれも素晴らしい考え方や手法でした。

でも実際にやってみると、最初は上手く行ったとしても、根本解決まで至らないのです。

ダウンロード (5).jpeg

問題をどう見ているか?

今ならその理由をハッキリ言うことができます。
そして恋愛や結婚、子育てがうまく行かない人の99%の人がやっていることも、ここにあるのです。

それは、、、
「相手にこそ問題がある!という自分にこそ問題がある」ということ。書籍「7つの習慣」にもありますね。

もっと言うと「自分の思い込みにこそ問題がある」ということなのです。

例えば「パートナーなら言わなくても私がどうして欲しいかは分かるはず」とか「パートナーなら自分の味方をしてくれるものだ」とかね。

そういう「普通こうだよね」という前提こそが「思い込み」と言われるもので、物事の全ての土台になるものなのです。

つまり思い込みがあるから、それに基づいて相手を“見る”と「味方してくれない人」と見える。

そのフィルターで見ると「それは相手が間違っている」というように“解釈”するわけです。

すると「夫なら私の味方を何故しないのか?あなたはおかしいのか?」というような“言葉”になるわけです。

そして相手を非難するという“行動”になるわけですね。

つまり「思い込み」とは「見る」「解釈する」「言う」「行動する」というコミュニケーション全てに影響するものなのです。

だからこの「思い込み」を変えない限り、小手先で言い方を変えたり、行動を変えたとしても、全く同じなのです。

過去の私がいくら本を読んでも、ワークショップに行っても変わらなかったのはそういうこと。

そして今、恋愛・結婚・子育てで悩んでいる人が変われない99%の理由もここにあるのです

そしてこの部分こそ、プロの手にかかってサポートしてもらうべきことなのです。

自分では本当に見事に都合良く解釈して、何も変わらないから。

私自身、すごく時間がかかってしまったのは自己流でやってしまったから、というのがあります。なのでわたしは

恋愛・結婚・子育てで悩んでいる人には、声を大にして言いたい。

本当に解決したいなら、遠回りしないで下さい。
真っすぐ私に会いにきて下さい!

そしてあなたが幸せになる方法を、一緒に考えて行きましょう!

今の現実は、過去のあなたが積み重ねてきた思考と行動の結果。つまり半年後のあなたは、今日のあなたが創れます。

3月20日体験会3枠増枠しました! https://resast.jp/page/consecutive_events/815

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師