一般社団法人 人間関係心理学協会
パートナーシップ心理学アカデミー 代表 湯川央恵です。​

今日は「感情的な人は、感情を撒き散らして良い相手を選んで撒き散らしている」という話をしたいと思います。

感情をぶつける夫が怖い

日々パートナーシップをはじめ、子供、親、上司部下などの人間関係の問題で悩む人の課題を、クライアント様と共に解決しております。
が、湯川もその昔、なかなかこじらせておったんですよー。

もう10年以上も前になります。

当時の私は夫の顔色を常に伺い、いつもビクビクしていたんですね。不機嫌になる夫がとにかく怖かった。

感情を自分がぶつけていることは正当化

ところがですよ!

実母や子供、元彼に対しては、むしろ自分の感情を存分にぶつけていたんですねー。

​「私は今不機嫌ですよ!怒ってますよ!」
というオーラを出しまくっては、誰にも反論させないって感じ。まじヤバイやつです泣

そして自分を正当化しては、感情をぶつけて不機嫌を撒き散らかしていたわけです。

感情をぶつける人がやっていること

今、ハッキリ言えることがあります。

それは「不機嫌でいてもいい相手、感情をぶつけてもいい相手を選んで不機嫌になっていた」ということ。

明確に「選んでいた」わけです。

​あの頃の私がそんなことを言われると

「いやそんなことない!だってイライラするのはやむにやまれぬことだから。相手が私をイライラさせるから」

​などと勝手な言い訳を言ってたと思うのです。

選んで感情をぶつけているといえる理由

でもね、普段イラっときても、誰かれ構わず不機嫌にはなっていないわけです。

特に夫の前では不機嫌になるどころか、顔色を伺っていたんですよ。
ところが実母や子供の前では不機嫌になって、感情をぶつけていたわけ。

​だから「私をイライラさせるから」というのは、自分の選択の結果を相手に押し付け、相手のせいに責任転嫁している無責任な行動なんですよー。

感情をぶつけることが出来る人が知るべき事実

感情的になったり不機嫌を撒き散らせるほど、自分はその相手にどっぷり依存して甘えているってこと。

​偉そうにしていても、わかったようなことを言っていても、実はそうやっても許してもらえそうな人を選んでいるわけですね。

責任を全部相手に丸投げして、自分は完全に依存している

まずはそれを認めることなんです。

甘えることが悪いわけじゃない。

でもこんな甘え方をされる側は、たまったもんじゃあないわけです。

 

じゃあどうしたらいいのか?

長くなりましたね。​

続きはこちら


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!