被害者が被害者であり続ける理由ー自己矛盾に気づく

本当に被害者なのか?

あなたの周りに、いつも愚痴や文句を言っている人、いませんか?
例えばこんな言葉です。


・なぜあの人はいつも〇〇なの!
・もういい加減〇〇はやめてほしい
・毎日目が回るほど忙しい!自分ばかりが損している!
・結婚生活は夫の浮気のせいで破綻した
・そのせいで私は体を壊した

一見、これらの人達は被害者のように見えますが、本当にそうなのでしょうか。

出来事を支える”被害者のメリット”を探すー被害者であり続ける理由

いやだと思っていても、その状態が続いているのであれば、そこには必ず「メリットがある」と見ます。

アドラー心理学の目的論で言うと、自分が体を壊したのは、夫が浮気した夫のせい(原因論)ではなく、そもそも夫が浮気することや、自分の体を壊すことになんらかのメリットがある、と考えるのです。

えー?メリット???んなワケない!!と思われましたでしょうか?
ですよね。ピンと来ないかもしれないですね。

具体的には、被害者にどんなメリットがありそうでしょうか?

例えば
・相手を批判するたび「自分は正しい」「悪いのは相手」と思える
・変わるべきは相手で、自分は変わる必要がないと思える
・自分以外に相手のことを批判する仲間と、強い結束感も持てる
・被害者になることで、相手を堂々と責める権利を持てる
・自分は責められない立場になる
・「大変だね」と言われて、本来やるべきことをしなくても許される
・カンタンに関心や注目を得られる

どうでしょう?これは一例です。
一般的にメリットと言われるものは「積極的な良いこと」というイメージですよね。
でもここで言うメリットは、その状態を支えているもの、というといいでしょうか。Aと比べるとBのほうがまだマシだ、というようなメリットですね。
これは言われないとわからないものです。

さて、これら「被害者メリット」をじっくり見てみましょう。
なんだか被害者のほうが相手よりも強いような気がしませんか?
圧倒的に庇護され、優位な立場にいるように感じないでしょうか?

これこそが被害者が被害者であり続ける理由なのです。
つまり、こんなメリットを自分が享受している限り、その状態は変わりようがありません。

自己矛盾を起こしていないか?

ところで、昔から「人は鏡」と言います。
自分と相手とは写し鏡のように同じだ、ということです。

特に、責めている相手の姿に、自分の姿が重なることが多いんですね。

いやいやとんでもない!あんなヤツと自分が同じなワケ無い!そう思うかもしれません。

でもね、これまでいろんな方の悩みを聞いて”自分のことは客観視できない”と、つくづく思うのです。

例えば
・子供に「人を叩いてはいけません!」と言いながら子供を叩く母親
・「他人の意見に口出しすべきじゃない!」と他人に口出ししている自分夫に
・「その言い方なによっ!!」と攻撃的な言い方をする妻

などなど、どれだけ自己矛盾を起こしているか、私たちはなかなか気づかないんですね。

そしてこれこそが「相手は鏡」ということなのです。
「相手ほどヒドくはない!」と思いたいかもしれないけど、実際のところは、相手とそう変わらないものなのです。

まとめ

つまり、ひどい相手から被害を受けているなら
相手を変えるのではなく、自分を変えていくことなのです。

鏡に墨のついた自分の顔が映っているなら、鏡をいくら拭いても墨は取れません。

でも相手にこそ問題がある、
だから相手だけが変わることをのぞみ、
相手の罪をあげつらい、
相手に謝らせて、行動を変えさせるというのは、鏡を拭く行為と同じ。

 

鏡を拭きながら
「どうして墨のついた顔が綺麗にならないんだ!」
と憤っている人をみると、なんて言いたいでしょう。

いやいや、鏡を拭くんじゃなくて、あなたの顔についた墨を取らないと変わりませんよ。と言いたくなりませんか?

相手さえ行動を改めてくれて、
相手さえいなくなってくれれば、問題が解決するのではありませんね。

夫婦関係、恋人関係、親子関係など
人間関係の問題は、相手と自分との関係性に問題が起きているワケです。

つまり相手を変えるのではなく
自分の中にある問題の「因子」が相手との関係性の中で”発芽”したのです。

そしてその因子とは、
自分の繰り返される無意識のパターンなのです。

「相手にこそ問題がある」から
「自分にも問題があるかもしれない、だから自分を変えていこう!」と決意すること。

これが被害者から卒業する「はじめの一歩」なのです。
こちらの記事も参考になさってください。

湯川央恵

 

無料で学べる

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師