「7つの習慣」という書籍はご存知でしょうか?
湯川はこの本が大好きで、事あるごとに読み返しております。
湯川のバイブル、と言ってもいいくらい。
毎週火曜日、受講生に「7つの習慣」勉強会を開催しております。
その打ち合わせで、昨日単元を読み返していたのですが
「本当そうだよなー」という箇所を
今日は紹介させていただきますね。

あなたの中心は何?

人は誰でも「自分の中心」を持っています。
ですが、それを意識している人って少ないんですね。
あ、「中心」って自分の判断基準になる元、と思っていただくと良いですね。
中心としてよくあるのが
「配偶者中心」「家族中心」「仕事中心」「お金中心」などなど。
それぞれどんな状態になるのかを、下記に簡単に記しました。

「配偶者中心」
自分の心の安定が配偶者の言動に大きく左右されている状態
「家族中心」
周りから自分の家族がどう評価されるかで心の安定が影響されている状態
「仕事中心」
会社や職業で価値が決まり、仕事以外の時間が落ち着かない状態
「お金中心」
稼がないと安心できない。いくら稼いでいるのかが人の価値。

 
1067339_m.jpg
この中で「敵中心」というのがあるんですね。
「え?敵中心?」と思われました?ちょっと意味わかんないですよね。

敵中心の生き方とは

これは腹立たしい相手の
一挙手一投足に反応している自分、ということなんですね。

  • 気がつけば
    相手のことをイライラしながら考えていたり、
  • 過去の相手との嫌な出来事を思い返していたり、
  • 何とかしてギャフンと言わせる方法を考えていたり、
  • 自分は悪くない、相手がいかに悪いかを証明しようと躍起になったり。

そういう振る舞いが
「あなたの中心は「敵」に支配(敵中心)になっていますよ」ということ。

相手のせいにすればするほど「依存」している

7つの習慣にはこのように書かれています。

「離婚した人の多くにも同じパターンが見られる。
元妻や元夫への怒り、憎しみに取り憑かれ、自分を正当化することに汲々としている。自分の批判が正しいことを証明するために、元のパートナーの欠点を持ち出す。」

どうでしょう?心当たりありませんか?(笑)
 
 
 
そしてこのような言葉が続きます。

「離婚したとは言え、精神的にはまだ結婚生活が続いている状態なのだ」

その通り!って感じの言葉ですよね。
つまり四六時中、イヤな相手のことを考えていると言うのは、
例え物理的に離れていたとしても
心はべったり一緒に居ると言うこと。
これ、別に結婚しているしていないは関係ありません。
嫌いな相手のことが気になって、
わざわざSNSを見に行ってチェックしているとか。
相手の行動一つにいちいち反応するくらい
実は相手に「どっぷり依存している」ってことなんですよ!
74c706b9c82d53324e08733837931ca5_s.jpg
そして相手がいかに間違っているか
自分はいかに正しいかを
証明できる根拠を躍起になって探している。

敵中心になった時の対処法

気づくと、自分の人生の中心が
そんな「敵中心」になっていたら…?
とても不毛だと思いませんか?
そんなときはこんな風に考えてみては如何でしょう?
今は「敵」と見えているかもしれないけど、

  • 本当は相手が正しいとしたら?
  • 自分自身が改めるべき点を教えてくれているとしたら?
  • 自分の「愛の定義」が偏っていることで、敵と見えているだけだとしたら?

まとめ

究極は
勝ち負けって無いと湯川は思っています。
特にパートナーシップにおいては、夫婦二人ともが勝つべき、なんですよ。
片方を木っ端微塵に打ち砕いたならば、
それはもれなく自分に返ってきますから。
湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!