パートナーシップチーム○○として大切なことは!?

逆風は、
振り返れば追い風になる

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

昨日のブログに夫と喧嘩したことを書きましたら
「どうやって修復したのか教えて欲しい」というリクエストを頂きました。

決して大げさな修復方法ではないのですが(笑)
どちらかといえば、「考え方」になりますね。
少しでも皆さんのお役に立てるのでしたら、シェアさせていただきますね。

download-12.jpg

 

 

一昨日、夫から「出ていけ!今月中に引っ越ししろ!」というメールが届き、一体何事?と思い、話し合いの場を持ったんですね。

夫から言われたのは以下の3点。

① 私が洗い物をしないまま、お出かけしたこと

② 洗濯物の取り込み先が夫の部屋なのですが、そこに私の洗濯物が置きっぱなしになっていたこと

③ 夜23時ごろまでzoom講座や、ワークショップの声が家中に響いてうるさいということ。

①はほぼ初めてのこと。②は何度かやってしまったんですね。
何よりも③が夫の中では大きくて「もう我慢ならん!」という感じだったようなのです。
(もちろんこれまで声を控える、ということをやっていたつもりでしたが、丸聞こえだったようです)

夫にとって自宅は鎧を脱いで「オフ」できる唯一の場。だからとにかく静かな環境が欲しい。
家に人が来るのも嫌がりますからね。

・テリトリー意識が強い

・オンとオフを明確にしたい

この2つは「自分の世界を守りたい」という欲求の表れ。
良い悪いではなく、ただただそういう「好み」なんだということ。

だから夫を変えようとするのではなく、お互いの言い分と希望、不満を話したうえで
「チーム湯川」として、何が一番いいのか?
どうお互い折り合いをつければいいのか?

私が引っ越しすることは最終手段ということで、それ以外の方法は本当にないのか?という話をしたんですね。
いやもうお互いムスッとしてましたよ(笑)

ただこのことで、お互い相互理解が深まりました

2d340440cf895263c316a18496af4fb9_s.jpg

具体的解決策としては① と②はこれからは意識すればいいことで出来る。ゆえに問題なし。

一番の問題は③です。
夫は朝2時に起きて会社へ行くので、21時ごろには夢の中。

そんな中、私は20時半や21時からzoom講座やワークショップが始まる。
夜の講座の場合は自宅の構造上、どうやっても声が響く。

だとしたら私が、近くのレンタルスペースを借りて、そこでやればいいだけのこと。

それなら小声で話さなければ、なんてこともないし
存分に受講生に伝えることができる。

いきなり引っ越すというよりも、極めて現実的な対処法です。

 

逆に私から夫へのリクエストは1点。
いきなり一方的なメールを送って来るのではなく、アイメッセージ+質問で送ってくれると嬉しいということ。

これも感情的にいうのではなく、あくまでリクエスト
「そうすべきでしょ」という言い方じゃなくてね。

646100272-huge.jpg

今回、夫からの「出ていけ!」というメールを見たとき、15年以上前のことを思い出しました。
あの頃は、夫からそういうメールが来るたびに、泣いて怯えて怒鳴る夫が怖くて。

夫の言うことを聞くしか、選択肢はないと思っていました。

でもね、今回は、選択肢が一つしかないわけじゃなく、どこへ引っ越ししても生きていく自信がある。
引っ越しも含めて、あらゆる可能性を考慮した上で

「チーム湯川」として、何が一番いいのかを主体的に選択できたこと。

ここが15年前と全く違ったんですね。

図2.png

 

やはり夫婦といえども、共同生活を行うもの同士、自分のやりたいようにやるのではなく、やはり相手への心配りは必要ですからね。

そして何よりも今回痛感したこと。

それは同じような問題が起こったとしても、それに対し
どう反応するかが何よりも大切で、その反応の仕方は、天と地ほども開きがあるということ。
その反応の仕方に「心の成長」が如実に現れると思いましたね。

よく「問題がなくなること」をゴールにしている人がいますが、問題は無くなりません。
そこをゴールにすると問題が起こる度「私は全然成長していない」などと思うのですが、それはゴール設定の間違い。

問題は自分のレベルに応じてやってきます。
生きている限りやってくるのです。

その時に、自分をいたずらに責めるのではなく、その問題に対してどう反応するのか。

その反応の仕方、解決に向けての行動の取り方に、人の成長が現れるのだと思います。

StockSnap_WTI11TRZ8F.jpg

 

さて今年も、あと約40日余り。
2021年はさらに変革の年になりそうです。

何かが起きるたびそれを「自分を苦しめる問題や恐れ」と捉えるのか?

それとも、逆風というパワーを生かして「自分のエネルギーに変換」するのか?

どれを選んでもいいのです。
そのためにも自分の意識が、しなやかで柔軟性を持っていることが大事だと思っています。

2021年をどう生きたいのか?
そのために残りの2020年をどう生きるのか?

やりたいことを後回しにしていませんか?

やらなきゃと思っていることに、ずっと蓋をしてはいませんか?

もし今の状態を変えたいなら、
自分の反応を
行動パターンを
意識的に変えてみることから始めてみましょう。

2021年、明るい未来を作っていくことに繋がるものを今、意識的に選んでいきましょう!

StockSnap_SYPQOHVYRI.jpg

 

湯川央恵

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師