なぜ夫はこんなに怒るのか!?ーヒエラルキーを正してトンチンカンを撲滅せよ

今日は「ヒエラルキーを守ることが如何に大事か」と言う話をします。

それを伝えるのに、私が夫の会社で働いていた頃のエピソードがわかりやすいと思うので、恥を忍んでお伝えしたいと思います。

業績が良く、やる気のある社員のいる会社とは?

結婚してすぐに私は、夫が経営する会社に入りました。
結婚するまでは経営コンサルティング会社に勤めていたので、様々な企業を見る機会があったんですね。

そんな中、業績が上がりスタッフのやる気のある会社は、上層部が部下を認めて褒めて伸ばしている。

あの頃の私はそんな風に思っていました。

そのためにも上司が話しやすい雰囲気を作ることが鍵だと思い、夫の会社に入ったときに、それをまず実行しようと思ったんですね。

社長の嫁が入社し、いきなり役職者になるわけです。社長が寡黙で怖いぶん、私が話しやすい立場になろう。それがきっと良い会社になることに繋がる。
そんな風に思っていたんですね。

社長(夫)からの叱責

結婚し、夫の会社に入ってからは部下たちと、しょっちゅう飲みに行きました。
一緒に遊びにも行きました。
それで社長である夫と、社員たちの、橋渡しをしているつもりになっていたんですね。

でも夫からはきつく叱られていました。
「社員と飲みに行くな!」
「みんなと遊びに行くな!」
「お前はそれをすることでどんなリスクがあるか分かってないのか!」と。

今から思えば夫の言う通りなのです。
ですがその頃の私は、
「夫が私にヤキモチを焼いている、自分がみんなと仲良くなれないから、そんなことを言ってるんだ」と思っていたんですね。

でも、実際は全く持って違うの!!

社長(夫)が怒る意味

社長に一番近い嫁が、
みんなと友達のようになってしまったのであれば、
上下関係が見事に壊れてしまいます。

上下関係が崩れる、と言うことは、
指揮命令系統が正しく伝わらない、と言うことになるわけです。

そのことが、ピラミッド型組織において、どれほどの悪影響を及ぼすことになるのか、あの頃の私は全くわかっていなかったんですね。

スタッフたちが社長に言いにくいことでも、私に言えばいいか、と甘えになったり、社長が明確に指示命令していることであっても、その指示に、いちいち理由を求めてきたりしていました

その度に私は、彼らにわかるよう納得できるよう丁寧に説明をしていたのです。
あの頃の私は、それが良い行いで、自分の役割を果たし、会社に貢献していると思っていました。

今から思えば、全くトンチンカンでズレたことをしていたと思います。

これ、なにがズレて、どうトンチンカンなのかわかりますか?

子供の頃、親に持った勘違い

これらはまさに
インナーチャイルドのなせるわざなのです。
私のチャイルド思考が、親に対して

対等であれ!
友人のように気軽な存在であれ!
勝手に決めずにわかるように説明せよ!

と、このように親に対して、対等になることを自分が求めていたからこそ、部下に対しても対等でいることが「良いことだ」と思っていたんですね。

まさに家族内のヒエラルキーを全く理解せず、
親を舐め切った態度だったと言うこと。

だから自分が舐められていることすら気づかないし、むしろ自分が夫の仕事の邪魔をしていたことにも気づかない。
いやほんとお恥ずかしい。

家庭内ヒエラルキーを理解することの大切さ

トップが全責任を負い、意思決定をする。
これが上の仕事。部下はそれに従う。

家庭内でも全く同じなのです。一番責任を負っている人がトップなのですよ。
多くの場合それが親であり、夫であるはずです。

夫や親が言うことに対して、素直に聞く耳を持っていますか?
素直に行動に移せていますか?
いい加減に聞いてませんか?
自分の思ったようにしてくれないからと言って、ぎゃあぎゃあ騒いでいませんか?

そうなっていたなら、それはあなたのヒエラルキーが、めちゃめちゃだ、と言うことなのです。

社長が指示命令することに対して、全力で仕事をやりますよね。
なのに親になると、いちいち説明を求めて、納得感を求めるのは不要なのです。

なぜなら一番責任を負っているのが親だからね。

納得できない時の対処方法

でもそれでも、どうしても納得できないときもありましょう。
そんな時はアイメッセージを使って、伝えられるといいですね。アイメッセージはググるといくらでも出てきますからね。

夫がペットより下って!?

結婚されている方なら、夫が家庭のトップになっていますか?
自分がいくら夫より稼いでいても、です。その稼ぎは夫がいてくれればこそ、と思えるかどうか。
下記は関連記事です

でも中には、自分が一番で、その次子供、その次が犬で、一番最後が夫、みたいな家庭もあります。夫が犬より下って、どれだけ見下しているの?ってことです。

一事が万事

一番優先すべきものを優先できていない。
幹と枝葉を見間違える。
このちぐはぐな感じが全てに現れるのです。

仕事でも家庭内でも、一生懸命やるべきところでやらずに、やらなくていいところで頑張っている、と言うようなトンチンカンさです。
これは周りの人からはよく見えているのですが、本人は全く分かっていません。

夫がなぜこんなに怒るのか?
なぜいちいち口うるさく言ってくるのか?

そんな人は、自分がトンチンカンなことをやっていないか?
夫の言うことを、いい加減に聞いていないか?
それらを、よーく振り返ってみてください。

親のことを見下していたり、空気のような存在で居てるのか居てないのかもわからない、と思っている方も要チェックです!!

具体的改善方法

ではそうなった時の具体的な改善方法は

1、自分が親を見下していたと言うことをハッキリくっきり認める
2、見下して申し訳なかったと心の中で謝る
3、同じことをしないようにする

まずはこの3つが大事ですね。
とは言え、行動だけを変えても「気持ち」が相変わらず見下したままだと、意味がありません。

「今度こそ幸せな結婚・恋愛をしたい!」
「パートナーや子供にキレずに、もっと優しく接したい!」

苦しい恋愛や結婚になってしまう「根本原因」を見つけ「根本解決」する為の「あなただけの方法」を手渡します。

まずは個別体験会であなたのお悩みを聞かせてください。

受講者のビフォーアフターはこちら


 

「期間限定小冊子プレゼント」

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく 幸せなパートナーシップを 築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を 傷つけあうのではなく お互いを高め合える 関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、 再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた "たった一つの方法"とは? で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと 豊かさを手に入れる方法を 湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが 「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される 浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。 でも気づけばまた同じことを繰返している。 これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、 同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず 誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。 それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら 「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・チャイルドセラピー修了
・原田隆史リーチング講師