夫婦のことは子供には分からない

昨日、義母と近所の海が見えるカフェに行って、お茶してきました。1時間くらいですが、いろいろな話をしましたよ。

義父が亡くなって今年で丸3年。

あれだけ派手にケンカしていた二人ですが、お義父さんの話をすると、今だにしんみりしている義母。

そんな義母を見ると、夫婦のことは夫婦でないと分からないことって一杯あるなあって、改めて思いました。
09177d7f18a7b827ac5d95878d3db2f9_s のコピー.jpg

相手を理解できないとき「悪」とみなす

子供は、親がケンカをしていると言う表面的な事象だけで「仲が悪い」と見ます。

私自身も子供の頃、実父と実母がケンカをしているのを見て、2人は本当に仲が悪いと、ずーっと思っていました。

こんなケンカばかりをする親に育てられて、アタシって可哀想〜。なんならグレることなく育ったアタシって、なんてエラいし、健気なの〜!くらいに思ってましたからねー(笑)

ホントチャイルド思考って、どれだけ自分を美化して持ち上げるんでしょうねえ(苦笑)
鏡

実は私たちが「悪」とみなすのは、相手を「理解できない時」

夫婦ケンカと思っていたのも、実は大声で2人の思いを言い合っていただけ、かもしれません。

でも子供から見ると何故大声を出しているのか「理解できない」ので「悪」と見てしまうんですね。

事実、今夫と大声で言い合いをしても、決して「ケンカ」している訳ではないと思いませんか?

夫は伝え続けてくれていたのかも?

また、大人の事情で予定を急に変更された時、理解できないチャイルドにとって、それはいとも簡単に「悪」になります。

「ひどい!あんなに約束していたのにお父さんのばか!」
「私のこと嫌いなんだわ」とかね(笑)

夫が怒る理由も、あなたにとって「理解できない」だけで、夫は必死になって、あなたに伝え続けてくれていたかもしれません。

なのにそれを理解できない自分を棚にあげ「うちの夫は訳の分からんことを言い出す変な人」と思っていませんか?

実はわかっていないのは、あなたの方、かもしれませんよ。

相手の気持ちがわかった時、あなたも相手から理解される

夫の言う意味が全く理解できなかったのは、私自身が未熟で子供っぽい思考だったから。

夫の言っている意味が、ようやくはっきりわかりました。

私はどれほど夫のことを見下してきたのか。自分の思い通りでないと「嫌だ」と子供のようなことを言っていたのか・・・。

自分が恥ずかしくなりました」

湯川のプログラムを受講された方からの感想です。

湯川のプログラムは、あなたが幸せになるための

モノの見方、捉え方、思考の修正を直球でレクチャーさせてもらっています。

マンツーマンなので、あなたに必要なことを、あなたに応じた方法で行います。回りくどいことはしません。

つまるところ、被害者意識を取り、自分だけの狭い偏った見方ではなく、より広く視野を広げること、

自分ばかりの視点ではなく、相手のことも理解できる目を養う、心を大人へと成長させる、ということでもあります。

私のこと、わかって!!と相手に理解を求めがちだけど、あなたが相手を理解しようと努力したのか?ということです。

まとめ

どこまでも自分の都合を押し付けているところに、本当の愛はありません。

理解するとは、愛すること、と同義。

ちゃんと説明してもらわないと納得できない。全て納得できないと受け入れるわけにはいかない。

それってもっともな言い分なんですが、ものすごく子供っぽいと思いませんか?

自分が未熟な為に、理解できていないだけ、なのかもしれないわけです。

その未熟さで、自分の幸せの足を引っ張っているのであれば、それはもう勿体な過ぎるでしょーー!

今は「理解できないけど」
きっ、何か意味があるのだろう?!
きっ、何らかの事情があるのだろう?!

そう思って、一旦は受け入れる、という努力をしてみては如何でしょう?

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!