自分の人生、生きていますか?

湯川です。

人の成長に感動しました

先週末に、セラピストリブランディング講座、第4回目のスクーリングが開催されました。

講座生のメキメキとした成長ぶりに、湯川、めちゃめちゃ感動〜。

なぜ彼女達がこんな風に成長できたのか。

具体的に行動できてますか?

それを分析すると「待っている人か」「自らが動く人か」というところがポイントになってくると思いました。

自ら動く人の場合は、自分の出来ていないところを素直に認めて、他からのフィードバックを素直に受け止め、具体的に動いて行きます。

一方、待っている人の場合は、高いお金を払ったんだから何とかしてよ!と、あくまでも相手に動いてもらい、自分を変えてもらいたがります。

そして自分の弱さや未熟さをかくして、イライラしながら他人からの働きかけを待っています。

ここが分かるか否かが本当に、「最初の分岐点」だったなあって思うんですよね。

セラピストリブランディング講座の強み

ここをメンバー同士が支え合って、理解を深めてくれたなあって思うんです。

つまり「自分の人生なんだ」ということが、本当の意味で理解できているかどうか。

自分の人生なのだから、自分が主体的に動いて行かないと何も手に入らないんですよ。

もし、今あなたが人生でうまくいかないと思っているなら、どこかで「相手に期待」していないでしょうか?

「やってくれるんでしょ」「変えてくれるんでしょ」ってね。

受け身の人の行く末

でも、そうやっていつまでも受け身で待っていても、人生マジで変わんないです!

大事な事は「満足を人から与えてもらおうとしていないか?」ということなんですね。

自分の人生ですから、自分が欲しいものを取りに行かない限り、誰も与えてくれません。

それを与えてもらえるものだと思っている所に、苦しさやイライラや、やりがいや達成感の無さを感じてしまうポイントがあるわけです。

その辺りのことはコチラにも書いてありますので、是非ご一読下さい。

成長すると決めた人が幸せをつかむ

やっぱり「自分の人生なんだ!自分が変わるんだ!」これをコミット出来るか否かだと思います。

それにコミットした人から、どんどん変化していくのも事実です。

自分の恥ずかしいところも、弱いところも、イケてないところも、崖っぷちなところも、まずは受け止めて行きましょう。

恥ずかしい所は「傷み」でもあります。

今私はジムに定期的に通っていますが、筋肉痛がある時には筋肉が成長している証拠。

だから積極的に筋肉痛になるよう、意図して負荷をかけるわけです。

こうして「傷み」がある時こそ、自らがぐーんと成長出来る時でもあるんですよ!!

「傷み」をいたずらに怖れる事なかれ!

むしろ「傷み」のない人生をこそ怖れるべし。

 

★今日の湯川の一言

自分の人生、自分で欲しいものを取りに行け!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。