湯川の裏歴史!ブラック過ぎる姉への思い

私は普段「親との関係性がパートナーシップに全て出てくる」と言ってます。

パートナーシップだけではありません。
およそ「人間関係」と言われるもの全てに、
私たちは親との関係性という人間関係の「型」を
投影してしまうものなのです。

なので親との関係性を、しっかり見つめなおしていく作業は必須なの。

親との関係性になんだかんだ問題があったとしても、
親への思いの改善は、比較的早いなあーというのが
3000人見てきた湯川の実感。

やはり親には、色々やってもらっていた、
という思いがあるからだと思うのです。

きょうだい関係を癒す必要性

ところが!!

根深く残るのが「きょうだいへの思い」。
親には感謝できても、きょうだいのことは見下したまま。

「あいつには本当に迷惑をかけられた」

「本当に大嫌い」

「大人になってから何年も連絡してない」

など、セッションでそんな声はよく聞いてきました。

きょうだいへの思いの改善は大きな変化をもたらす

確かに親と違って、きょうだいにはいろんな思いがありましょう。
同じように育つ中で、いろんな感情もあったことでしょう。

しかしクライアントさんをみてきて思うのが、

きょうだいへの思いを改善できると、
親と同じくらいか、
それ以上に大きな変化をもたらすなあと実感しています。

それほど、きょうだいへの思いを改善するのは難しいんですね。
いつまででも、しつこく残ってるの。

きょうだいへの心の変化は、私の事例をお伝えするのが
一番早いと思います。

これまであまり語ることは、ありませんでした。
理由は姉に対するブラックすぎる思いを持っていたから。恥ずかしかったのです。

ですが皆さんの気づきに
きっと貢献するであろう思いで、恥を忍んでお伝えしたいと思います。

子供時代の姉と私

私の実家は
奈良盆地の真ん中に位置する、田舎のお寺。
厳格な祖父、父と母、4歳上の姉と私の5人家族でした。

小さな頃から姉とは、よーくケンカしてました。
寄ると触るとケンカするのに、いつもくっついていたように思います。

img-main-large.jpg

子供の頃から姉は、よく病気をしていました。
入院することも何度かあり、その度に
父も母も姉にかかりっきりになるのが、羨ましかったんですね。

でも羨ましいという思い以上に、腹立たしかったのです。

「何でお姉ちゃんばっかり!」って思っていました。

661e2d155ebda60fbdf1c64817f13498_s.jpg

その思いは、姉をバカにすることで
誤魔化してきたように思います。

姉のことを心底バカにしていた

姉は体が弱くて、学校も休みがち。

友達がいなくて、いつもクヨクヨして母に泣きついている割には、
ヒステリックになって暴言を吐いている姉を、
私はバカにしていたんですね。

感情の起伏が激しく、いつも誰かに頼っている姉。
自殺するとほのめかしては、周りの大人を慌てさせる。
大人になっても、そんな姉を冷ややかに見ている私。

心底、バカにしてました。

だから姉から「あんたは姉を姉とも思ってない!」と怒られた時
「だったら姉らしくしろよ」と、これまたバカにし切った態度で、
姉になんども言い放ったことを覚えています。

姉の付き合っている彼にまで
「その言い方は幾ら何でも姉に対する言い方やないやろ」
と言われたこともありました。

なのにその時の私は
「ケッ、彼にまでそんなこと言わせて、子供かよ」
と自分を全く省みることなかったんですね。

今思ってもひどい妹でした。

わあー、湯川のブラック過ぎる
姉への醜態だけで、今日は終わってしまいました。

次回は大人になってからの話。
あることがきっかけで、私は自分の非を徹底的に認めます。

続きはコチラ

ー 期間限定小冊子プレゼント ー

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師