今日は物置の断捨離!その中で驚くものが出てきましたよ。

ナント、夫も私も記入済の「離婚届」が!!笑

いやー、なかなか感慨深かったです。

結局出さすに済んだんだなあと思うと、あの時、夫のせいにせず自分に向き合い、がむしゃらに頑張った過去の自分を褒めてやりたいですねー!

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

言い訳の中身

さて今日は言い訳についてお伝えしていきましょう。

私たちは日々色々と言い訳をします。

「時間がなかったから」
「余裕がなかったから」
「忙しかったから」

でも同じ状況であっても、それを言い訳にしない人もいますね。

つまり
「時間がなくてもやる人」
「余裕がなくてもやる人」
「忙しくてもやる人」ですね。

この違いってなんだと思いますか?

ヤル気?時間管理?
unnamed (4).jpg

どうもそういうことでは無いように私は思うんですよ。

やる前にすでに勝負あり

つまりこれは「やる前に決まっている」こと。

「え?どういう意味?」と思われました?

つまり「やる前の姿勢」コレなんですよ。

前提でこんなにも変わる

言い訳しない人は「やることが前提」で取り組みます。なのでいわゆる「邪魔」が入ったとしても、その中でやるんですね。

つまり

「時間が無くて」というのを「時間が無い中でやった」
「余裕が無くて」というのを「余裕が無い中でやった」
「忙しくて」というのを「忙しい中でやった」ということ。
chikoku_business_woman.png
一方、言い訳する人は「やらないで済むことが前提」なんですね。

つまり全力でやった結果、出来なかったことを言い訳しているのではなく、そもそもやる前から「やらなくて済む理由」を探しているんですね。

つまり言い訳が良いとか悪いの話ではなく、そもそも「やらない言い訳を探していないか?」ということ。

だからそういう人は「邪魔」が入ると、むしろホッとしている自分がいるのかもしれません。

見方で180度違う世界!好きな方を自分が選べる

つまり物事がうまく行かない人は「邪魔」は「出来ない理由」になり、うまく行く人は、「邪魔」は乗り越えるべき課題だということ。

つまり「邪魔」に見えた地点で、勝負はついているんですよ。

あなたは普段、やらなくて済む理由を必死になって探していませんか?

 

この記事も参考になります 。


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!