自分を責める思いと後ろめたさが「罪悪感」これを持ったままだと幸せになりようがないのです。

ではどうやれば罪悪感を手放すことができるのでしょう?とても大切なことを書いています。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

罪悪感は後ろめたさと自分を責める思い

「秘密を持ち続けること」

これは人間にとって、とてもしんどいものなんですね。

特にその秘密が「罪悪感」に繋がっているものであればある程、苦しくなってしまうの。
unnamed.jpg
罪悪感を感じるレベルは、人それぞれ。

Aという出来事で一人は罪悪感を感じ、もう一人は全く感じない、ということもあります。

例えば、

    • 夫に隠れて不倫をしてた事
    • 子供を堕胎したこと(しようと思ったも含む)
    • 子供のことを可愛いと思えず正直、嫌いだと思っていたこと
    • 夫や子供の些細なことで今なお激昂していること、等々・・・。

こんなことをしてしまった…。

こんな思いを持ってしまった…。

そうやって長い間、誰にも言えず、自分を責めてしまっていないでしょうか

最善の判断であったことを認める

セッションでクライアントさんが、正直な気持ちを吐露されたとき、ほとんどの方が
「これまでずっと言えませんでした」と涙ながらおっしゃいます。

そんな時「よくここまで頑張ってきたね」と言わずにはおれません。
2372249_m.jpg
その時は、その判断が自分の中では、最善だったのです。

もちろん今から思えば、もっとやりようがあっただろうし、違う選択肢も考えられたかもしれません。

ですがその時は、それが自分ができる中で最善のことだったのです。それを本当に、認める事なんですよ。

罪悪感は幸せの足をもれなく引っ張る

それが出来ず、ずっと自分を責めて、長い間ダメ出しをしていたというのは、本当に辛い。

誰にも言えない罪悪感があればあるほど、それは自分の幸せの足を、引っ張ってしまいます。

「こんな自分が幸せになってはいけないのではないか」そういう思いが、心の深いところにあるので、幸せになりようがないのです

幸せになりそうになると、急ブレーキをかけるが如く、大変な事を引き寄せてしまうんですね。
42edf81553cac862d0efeb7d923f31a5_s.jpg
潜在意識では、それで帳尻が合っているので、ホントはどこかホッとしている自分がいるのかも。

そんな時、甘いものやお酒に逃げても、いっときの楽しみに逃げても、スッキリするかもしれませんが、何も変わりません。

根本が変っていないので、その場限りとなり、何度も何度もぶり返してしまうことに・・・。

罪悪感を根本解決をするための方法

つまり・・・

不倫も堕胎も子供のことが嫌いも
「癒す」だけで済むのではありません。
「吐き出す」だけで
済むのではありません。

ましてや相手のせいにしていても仕方ありません。

まずはその出来事を、いいも悪いも解釈を挟まずに受け止めること。

その上で、その出来事を引き起こした、そもそもの「思いこみ」を修正する必要があるのです。

ここまでやって、初めて罪悪感を溶かすことができるんですね。

罪悪感につながる思い込みを修正すること

思いこみとはそもそもの「見方」「捉え方」「解釈の仕方」です。

ここが違うと、もう全てが違って見えてくるのです。

もし「大切なものは奪われる」と思い込んでいるなら、何かを見たとき「奪われる兆候だ」と解釈してしまうんですね。

思いこみとは、自分の見たい世界を見せてくれるもの。

だからこそ、思いこみをチェックする必要があるのです。

あなたの見ている世界は、どんな「思いこみ」があるそうでしょう?そしてその「思い込み」はあなたを幸せにしてくれそうなものでしょうか?

それをちょっと考えてみてくださいね!

湯川央恵

この記事も参考になりますよ


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!