『期限』があるから得られる幸せ

湯川です。

和歌山の自宅からブログを書いています。

私の部屋からは、うぐいすの声と波の音がよく聞こえて来ます。

「あー、帰って来たなぁ」と感じるひとときです。

「期限」が無いと動けない

一昨日、母のお墓参りに行った後、母の住まいのほど近くでやっていた「藤まつり」を見て来ました。

藤って本当に香り豊かで、しとやかで日本らしい花ですよね。

亡き母が毎年この時期に「一緒に行こう」と誘ってくれていたのに、その度に「忙しい」と言って一緒に行けなかった事を思い出しました。

藤トンネルを見上げながら、この天国的な美しい景観を、母は私にも見せたかったのだなーと思うと、心の中にじんわり母の温かい愛を感じる湯川なのでした。

私達は「いつだって行ける」と思うと、なかなか行動しないもの。

それは「期限」の無いものにはなかなか動けない、ということを示しているのかもしれません。

期限とは「迷いを断ち切る」機会である

先日読んだ雑誌「致知」に、建築家の隈研吾さんと日本ハムの栗山監督の対談がありました。

そこで「期限」と「迷い」について、このように書かれていました。

迷う要素はたくさんあるから、
放っておくと永遠に迷い続ける。

ただ、野球も建築も
「いつまでに」という期限がある。

人間に、この「期限」があるのは、
とても幸せなことだと思う。

制限時間の中で
結果を出さなくてはいけない以上、
どこかで迷いを断ち切る必要がある。

ここが建築家とアーティストとの
大きな違いで、
「限界の中で最善を尽くす」という点では
建築はスポーツに似ている。

「期限がある」というのは苦しみになる反面、それがあるからこそ「集中できる」ということでもあるのだと思いました。

むしろ期限があるからこそ、アレもコレもになるところをバッサリと「迷いを断ち切る」機会になるのでしょう。

迷いを断ち切れないのは、アーティストのように時間をかけたほうが、より良いものが仕上がるのではないかと、むしろ「迷うことを肯定しているから」なのかもしれません。

もちろん私達はより成長し、よりよい未来を目指している存在ではありますが、同時に時間的には有限の存在でもあります。

与えられた時間の中で成果を出す、という「迷いを断ち切る努力」も必要なのでしょうね。

それができないとどうなるか?

そう、時間ギリギリまで迷い続けて、タイムアウト!

そんな理由で仕方なく決断することになります。

でもそれは決断ではなく「それしか方法がなかった」という、ただの時間切れですからね。

時間切れと自らの意志をもって選択した結果とは、生き方の姿勢自体、大きな違いがあるように思うのです。

 

湯川央恵

 

*5月の個別相談は満席となりました。

次回開催はメルマガで告知させて頂きますので、登録がお済でない方は是非ご登録くださいね。

2019年5月に作成した無料メール講座
メール【卒ダメンズ】離婚寸前の主婦が、再び夫に愛され幸せな起業と豊かさを手に入れた”たった一つの方法”メール講座はコチラ

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師