期限を決めて決断することと、時間切れであえなく決断、というのとは、同じ決断であっても中身が全く違います。
今日はそんな話をコンパクトにお伝えしますね。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

「期限」が無いと動けない

一昨日、母のお墓参りに行った後、母の住まいのほど近くでやっていた「藤まつり」を見て来ました。

藤って本当に香り豊かで、しとやかで日本らしい花ですよね。

亡き母が毎年この時期に「一緒に行こう」と誘ってくれていたのに、その度に「忙しい」と言って一緒に行けなかった事を思い出しました。

藤トンネルを見上げながら、この天国的な美しい景観を、私にも見せたかったのだなーと思うと、心の中にじんわり母の温かい愛を感じる湯川なのでした。

私達は「いつだって行ける」と思うと、なかなか行動しないもの。
それは「期限」の無いものには、なかなか動けない、ということを示しているのかもしれません。

期限とは「迷いを断ち切る」機会

先日読んだ雑誌「致知」に、建築家の隈研吾さんと日本ハムの栗山監督の対談がありました。
そこで「期限」と「迷い」について、このように書かれていました。

迷う要素はたくさんあるから、放っておくと永遠に迷い続ける。

ただ、野球も建築も「いつまでに」という期限がある。

人間に、この「期限」があるのは、とても幸せなことだと思う。

制限時間の中で、結果を出さなくてはいけない以上、
どこかで迷いを断ち切る必要がある。

ここが建築家とアーティストとの大きな違いで、
「限界の中で最善を尽くす」という点では、建築はスポーツに似ている。

「期限がある」というのは苦しみになりやすい。
ですが、それがあるからこそ「集中できる」ということでもあるのだと思いました。

私たちはむしろ、期限があるからこそ、アレもコレもになるところをバッサリと「迷いを断ち切る」機会になるのでしょう。

迷いを断ち切れないのは、アーティストのように時間をかけたほうが、より良いものが仕上がるのではないかと、むしろ「迷うことを肯定しているから」なのかもしれません。

もちろん私達はより成長し、よりよい未来を目指している存在であります。
が、同時に時間的には有限の存在でもあるんですよ。

与えられた時間の中で成果を出す、という「迷いを断ち切る努力」も必要なのでしょうね。

それができないとどうなるか?

そう、時間ギリギリまで迷い続けて、タイムアウト!
そんな理由で仕方なく決断することになります。

でもそれは決断ではなく「それしか方法がなかった」という、ただの時間切れですからね。

時間切れと、自らの意志をもって選択した結果とは、同じ決断であっても、生き方の姿勢自体、大きな違いがあるように思うのですよ。

 

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!