モラハラ夫は自分の鏡?!幸せの鍵は自分の中にあった!!!

私のブログやメルマガで何度も出て来るほど重要なキーワードの一つに「鏡の法則」があります。

これ、ホントの意味で理解出来ている人は、まだまだ少ないのなかぁ・・・

例えば「夫がヒドいDV&モラハラなんです!」という相談に
「鏡の法則」を当てはめると
「私は夫のようなDVやモラハラなんてしていません!」となるわけです。

鏡の法則を表面的にしか理解していないと、
こう思うのは仕方ない事なのです。

「鏡の法則」とは何が鏡なのでしょうか?

ここでいう「鏡」というのは「全く同じ行為や言動」というよりも
相手の言動の「要素」「エッセンス」
映し鏡ではありませんか?ということです。

夫がヒドいDVやモラハラだとするならば、その要素は何か?

「攻撃性」「衝動性」「自分の思い通りにならないと我慢できない」という「幼児性」だったり、そういう要素をあなたが持っていませんか?という事です。

あなたは夫に対しては、その部分を出していないかもしれないけど、全く別の領域で,別の人には思う存分出してはいませんか?

ちなみに私が夫と全然うまく行かなかった時、
ずっと夫のことを「DVモラハラ夫だ」と思っていたんですよ。

だからそんな時に「相手は鏡だよ」なんて言われたら、
きっと猛反発していたと思います(苦笑)

でもね、子どもには「攻撃的」だったり「衝動的」な部分を、
存分に出していたわけです。

そして当時勤めていた夫の会社の一部のスタッフや、
母にも出していました・・・(反省)

その要素とは何なのかを探る

鏡の法則を本当に理解するためには、
大嫌いな人や、何とか変わって欲しい人と自分の「どの部分が鏡なのか」

その「要素」に気付くことが、最重要ポイントとなります。

しっかし、これが自分のこととなると
悲しいくらい見えてこないのですよ。

なぜなら「自分は正しい」「問題は相手にある」という、
そのスタンスを捨てない限り、この視点は全く見えてこないのです。

これについて、クライアントさんから感想を頂きましたのでご紹介します。

散々ブログやメルマガを読んでいて、
自分では分かったつもりになっていましたが、
本当の問題点をズバリ指摘されて
目からウロコが落ちたようでした。

「相手を映し出す鏡」の本当の意味が
ようやく理解できました。

相手と自分が鏡の関係とはこれまで全然思えていなかったけど、こんな部分で同じだったと分かったのはショックでした。

しかし、湯川先生の
「意識できて初めて変えることができる」
という言葉を信じて自分を変えていこうと
決意できました。(Sさん)

人には自分が見えない

相手の事ならよく分かるのに、
自分のことになるとサッパリ見えない。

これみんな同じですからね。

だからこそ堂々巡りで
何も変わらないのが人間なのかもしれません。

相手が悪い!
相手が未熟なんだ!

そんなことをいくら言っても、
あるいは相手を変えても、何一つ解決しないのです。

相手に見える嫌な所は、
自分自身を修正していくポイントとして見えているのですから、
自分こそ変えていくということなのです。

「相手さえ心を入れ替えてくれたら!」

「相手が変わってくれたら!」

そんな他人任せの人生をいつまで送りますか?

自分の人生は、自分が創り上げていくものです!

あなたのこれからの人生は、どちらの方向に進むのか自分の意志で決めること。

そしてその力は自分の中に十分眠っているのです!

自己の力を信じて自己評価のポイント上げていきましょう!

 

湯川央恵

 

もっと詳しく聞きたい方
解決の手立てを具体的に知りたい方はこちらの体験会へお越しください
↓↓↓

 

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師