あなたの自己肯定感が低いホントの理由

湯川です。

新大阪に向かう新幹線の中で書いています。
いやー、新幹線激混み!!前もって指定席を取っておいて良かったよ〜。

今日はこの後、新大阪で個別サポートメンバーの個人セッションです。
ここのところセッションが立て込んでおります。

実績やスキル以前に大事なこと

そんな中、ビジネスがうまくいくためには、能力やスキル、実績や行動力も大事だけど、そもそもの心構えや前提ってホント大事だなあって痛感しています。

どれだけ努力しても、被害者意識でイヤイヤやっていたり、誰かを認めさせようとしていたり、自分の空虚感を埋める為にやっていると、いつまでも愛も豊かさも受け取ることができません。

むしろ、一層満たされなさ感や虚しさを感じるんですよね。

そしてその理由は、自分ではなかなか気づけない。

なぜか?

「自分は正しい」というメガネを、なかなか外せないから。

相手を下げたままだと自分も下がったまま

例えば
「え!夫に謝るんですか?」
「そんなこと相手にわざわざ伝えるんですか?」
「向こうが謝るならこっちも考えなくもないですけど?」

こんな風に仰るかたが結構おられます。

パートナーや相手に見ているものが、そのまま自分の価値や評価に直結しているんですね。

周りの人に対して価値を低く見ているなら、自分も自分のことを低く見ているハズです。

よく「自己価値は低いけど、夫のことは素晴らしいと思っています」という方がおられますが、それは嘘です。

実は夫のことも心の深いところでは、バカにしています。見下しています。
それを直視せず、美しく飾り立てた言葉に替えているだけ。

そうお伝えすると、苦笑いされておられます(笑)

あなたの周りにはどんな人が多いですか?

つまり、自分の価値だけを高めようと思っても、それは無理なの。自分の価値を高めたければ、自分の周りの価値をシッカリ認めること。


周りの価値が高まると、
自分の価値も高まる。

つまりこの世は、一人勝ち出来ない世界なんですよ。

相手はバカだ、無能だ、いつまで経っても理解しないヤツと下げておきながら、自分には愛があり、優秀で理解度も高いと思っていても、そうはいきません。

自分もシッカリ価値が下がるわけです。

それが法則。

自己肯定感がいつまでも低いホントの理由は、ここにあります。

 

こうして自分の内面は全部外に出ます。だから自分を取り巻く世界を見たら、自分の内面が全部分かるわけです。

だから自分の内面を整えずして、外側の世界が整うことはありません!(キッパリ)

内面を整える方法

その為にまずは、自分がどういうことを思っているのか?どう感じているのか?
自分の内面である、心の中の思いを一旦書き出し、可視化するといいですね。

すると「こんなことを思っていたのか」とビックりするかも。それらを、自分が受け止めることなんですね。

ここを誤摩化さない。まずはここからやってみてくださいね。

そろそろ新大阪に到着です。

では、またね!!

 

 

湯川 央恵

無料メール講座
【卒ダメンズ】離婚寸前の主婦が再び夫に愛され、幸せな起業と豊かさを手に入れた ”たった一つ”の方法

 

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師