「自分は正しい」と思っている人ほど
自分のことが見えていない

By yukawa

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!
パートナーシップ心理学アカデミー主宰 湯川央恵です。

どっちが正しいのかにフォーカスしていませんか?

今日はEさんの事例を。
Eさんは大手食品メーカーの経営幹部として日々忙しくされており、付き合っている彼ともなかなか会えません。

久しぶりに会えたとしても意見がぶつかってばかり。
挙句の果ては「言った、言わない」の応酬、大喧嘩で終了。

あちゃーって感じですね!

どっちが正しいのか?
どっちが間違っているのか?

そこにフォーカスすると、どうしてもEさんのようなパターンに陥ってしまいます。
ホント、こういうことって珍しくありませんね。

「自分は正しい」が強すぎる人

セッションをさせて頂いても比較的多いのがこれ。
「自分は正しい」
「間違っているのは相手」

この思考から抜け出せなくて、苦しんでおられる方は結構多いです。

でもね、実はそれを自覚している人って、意外と少ないんですよね。

こういう方は、自分の間違いには極めて寛大で、相手の間違いは厳しい!(笑)
許せないんですねー。

特に「明らかに相手に失態があった場合」完膚なきまでに相手を責め立てます。
まあ自分に実害があった場合は、怒りが湧くのもわかります。

しかし、

少し前に世間を賑わしていたアンジャッシュ渡部さんの「多目的トイレ事件」や、今や懐かしい感もある東出さんの不倫。

こういう「叩かれて当然」というような、わかりやすい非のある人に対してはどうでしょう?

自分は関係者でもないし、実害もないのに「叩いて当然」とばかりツイートしたり、責め立てるような投稿などしていないでしょうか?
積極的にSNSに責め立てる投稿をしないまでも、ニュースを見ただけで、イライラモヤモヤしてはいませんか?

「自分が正しい」は「客観視出来ていません」と自ら露呈している

「自分は正しい」が強い人ほど、自分と違う意見を受け入れません。
自分と違う意見は「悪」もしくは「バカ」と思っているんですね。

しかし冷静に考えてみてほしいのですが、世の中自分と同じ意見が大半で、それ以外の意見はマイノリティと思うのはあまりにも近視眼的。

つまり客観視できていないと「自分が正しい」に陥ってしまいがちなの。

なので正義を振りかざしている人ほど「自分は客観視出来ていないんですよ。メタ認知出来てないんですよ」と公表しているようなもの。そっちのほうが恥ずかしい!

こちらの記事が参考になります。

「自分が正しい」と言いたい人の深層心理

自らの主張こそが正しい!それが正義だ!と思いたい時って
自分は人とは違う!優秀なんだと思いたい。相手を負かしたい。そんなところだと思うのです。

つまり自分が優秀で、相手を負かすくらいの力があると思いたい位

本当は自分に自信がないってこと

本当はそこをこそ、みていくべきポイントなんですよね。

それが出来た時、本当の意味で「自分が正しい」の囚われから抜け出せるのだと思いますよ。

 

 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!