湯川です。
4月1日に新元号「令和」が発表されましたが、力強さと柔らかさを兼ね備えた名前ですね!
平成となったのは30年前。
そういやあの頃は「昭和」という元号がずっと続くような気になっていたので「平成」に改元された時、驚きがあったことを思い出しました!!!

愛って何だろう?

さて、先日新大阪でセミナーを開催しました。
その時に参加者一人ひとりが持っている「愛の定義」を明らかにするワークをしたんですね。
出て来た愛の定義はこんな感じ。

  • 何でも言う事をきいてもらうことが愛
  • 笑顔でニコニコしてくれることが愛
  • いつもそばにいてくれることが愛
  • 言わなくても分かってくれることが愛、等々…。

この「愛の定義」は本当に人それぞれ。
明らかになった定義を見て驚いたり「マジそう思ってるわ」とつぶやかれたり(笑)
この時のリアクションが皆さんなかなか面白い。

コントロール出来ない物事に集中するとしんどくなる

その時にこんな意見を言って下さった方がおられました。

「この定義のままでもいいんじゃないかと思うんですけど」 と。

何でも言う事を聞いてもらえたり言わなくても分かってもらえたら、一見よさげじゃないですかっ?!!!
なのでこの方の質問は、とってもナイスなのです。
あなたなら、どう思いますか?
もちろんそれで問題がなければそのままで良いのです。
でも上記のような定義を持っていて、自分が心地よく過ごせることはアリエナイのです(きっぱり!)
それはなぜか?
これ、全部「自分がコントロールできないこと」だから。
つまり全部「してもらうこと」なんですよね。
だとしたら、愛を得ようと思ったらこれを相手がしてくれない限りは「苦しい」わけです。
何とかやってもらおうとして、怒ったり、すねたり、暴言を吐いたりしても、相手が本当にあなたの思い通りにやってくれるかどうかの保証は有りません。
全くもって相手次第なのです。
こんな不安定で怖い事はありません。

相手の行動を強制できても感情までは強制できない

同様に、あなたが誰かを愛したなら、自分の持つ愛の定義通りの行動をしようとするのですが、その結果相手が喜んでくれるかは分かりません。
あなたがいくら尽くしても、それが相手にとって求めていないことであれば、相手に「感謝させる」ことは出来ませんし、「愛させる」ことも出来ません。
相手の行動や反応はコントロール出来ない領域だからなんですね。
でも、あなたは自分から積極的に話しかけることが出来ますし、分かりやすく伝える努力をすることも出来ます。
相手がどうであれ愛を持って接する事もできます。
相手から「どうされた」とか「どうされなかった」という「受け身」ではなく、具体的に自分が出来る事をやっていけば良いですね。

あなたの幸せに「役立つ」ものは何か?

とは言え自分ばっかり損しているような感じや、不平不満の思いが湧いて来る場合は、やはり愛の定義を変えることなのです。
そもそも自分がどんな定義を持っているのか、どんな思い込みを持っているのか分からない。
でも今の現実がモヤモヤしたままで、どうもパっとしないのであれば、そこには自分には見えていない思い込みや、定義があるのかもしれませんね。
自分の幸せに役立たない思い込みや定義は、変えて行けばいいし、役に立つものを選べばいいのです。
どうやって思い込みや定義を変えて行くのか、そこはプロに任せるのが一番確実で早い方法ですね。
個別相談会はコチラ↓↓↓

zoom(電話)個別相談会のお知らせ


 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!