「半年間のマンツーマンプログラムを受けるとパートナーは変わりますか?」
そんな風に聞かれることが、ちょくちょくあります。今日はその答えと湯川の思いをお伝えしたいと思います。

自分で自分を幸せにし、お互いを高め合える夫婦・恋人関係を築く!!

パートナーシップ心理学アカデミー代表 湯川央恵です。

変わる人と変われない人の差

答えは「変わる人もいるし、変わらない人もいる」

​ただ、パートナーを変えようとしてプログラムを受ける人は、結果的にパートナーは変わりません。

それどころか受けている本人ですら、ほとんど変わりません。

​なぜか?

変われる人と変われない人の違いはハッキリしています。

それは

「自分に問題がある」と自覚できるかどうかです。

​つまり自分ごととして、受け止めているかどうか、ってこと。​

​「相手さえ変わってくれたら」
そんな風に思っている人は、最初の思いで、すでにズレているのです。たとえ自分が被害者であったとしても、です。

​被害者は無自覚の加害をどこかでやっている

被害者は加害者がいないと被害者でいれません。

被害者は加害者と常にセットなの。

 

被害者は被害者だけをやっているのではなく、無自覚な加害者をどこかのレベルで必ずやっています。

​それが自分では加害者とは思っていないほど、ナチュラルに人を傷つけているわけです。そのことに全然気づいてないの。​

それどころか自分だけが被害に遭っている可哀想な存在、と思っているわけですね。それはこれまで3000人の相談を受けてきた湯川が実感するところなの。

ちなみに私も散々やってきてました汗。

こちらをご覧ください。

無自覚な加害性に全く気づいてなかったのです。この無自覚が一番タチが悪いですねー

人は自分の痛みには敏感ですが、他人の痛みには無頓着なところがあります。ちょっとでも自分の心が痛んだら「傷つけられた!」と大騒ぎするのに、自分がやっていることには見事に気がついていません。

​自分の人生を自分が引き受ける​

パートナーシップに問題が起こるのは「相手が悪いから」ではありません。それだと問題はいつまで経っても、相手任せで解決ができませんからね。

​パートナーシップを改善したければ、相手ではなく、自分が変わる。

言葉を変えるならば

「自分の人生の責任は自分で引き受ける」
という、当たり前の前提
を自分が持てるかどうかです。

でも

  • 自分の機嫌をパートナーにとってもらおうとしてこなかったでしょうか?
  • 「私を安心させてよ!」と当たり前のように相手にもとめていなかったでしょうか?
  • 自分の幸不幸をパートナーの責任にしてこなかったでしょうか?
  • 自分のやるべきことをパートナーに尻拭いさせてこなかったでしょうか?

​これ全部、自分の人生の責任を人任せにしているってこと。

自分の内面が変わるから、その結果として外側の世界=パートナーシップが変わる。

この順番が何より大事だと湯川は思っています。

学校教育で心の仕組みと現実化のからくりを教える​

こういうことを高校生くらいの子供から、学校で教えることができたらいいなあって思うのです。

子供のころから「自分の人生の責任は自分で引き受ける」という、生き方の姿勢を学校で教えることができたらなあ!って思うの。

DVやモラハラの温床は、高校生やもっと小さい中学生くらいから、芽があるといいます。

​その時に人のせいにしない生き方を伝えることができたら、その先には、私の夢「カウンセラーや心理セラピストのいらない社会」に少しでも近づけると思うのですよ!!

今日はこの辺で。続きはまた書きますね。

 

こちらの記事もどうぞ!

湯川央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!