彼氏や夫にイライラする前に…

言葉の意味づけ・定義づけ

随分昔の話ですが、、、、、

夫と話をしている時「青と言えば?」
という話になったことがありました。

私としては「青」は夫の会社のコーポレートカラーなので、当然会社のことを言うだろうなあと思っていたのですが、、、、。

夫から出た言葉はナント

「そら、青っちゅーたら、ボクシングの『青コーナー!』やわな」と。

 

レフリーが青コーナーの選手の手を取り、高々と上に挙げて紹介している
あの姿です。

それを聞いた私が思ったことは

え?あなた社長だよね。

しかも自分の会社のコーポレートカラーは「青」だよね。

普通社長なら「コーポレートカラー」って言うんちゃうの???

などと勝手に思っていたんですね。

 

そして私は夫に対して「ワケ分からんし・・・」といぶかっていました。

いや~、今なら「随分思い込みが強いのね♥️」と自分に速攻ツッコミ入れます(苦笑)

 

その言葉に対して、どういう意味づけをするのか?

どう感じるのか?

何をイメージするのか?は、その人それぞれの自由意思。

しかもそれらは、個々の「体験」や「主観」から来ていることが多いのです。だから「青」と一言で言っても、さまざまな捉え方をするわけですね。

それなのに「普通そうちゃうの?」とか、「社長やったら」とか、「常識では」とか、
勝手な見方を押し付けていただけのこと。

 

どう見ようが、どう感じようが、それは相手の自由なのに、それをアレコレこちらで考えても意味のないこと。

ましてやそれでエネルギーをすり減らすなど、全くもって境界線が引けていない、ということなのです。本当にエネルギーを、ずいぶん無駄遣いしてきたなあと思います。

 

これはまだ「青」だから大した問題ではありませんが

「結婚とは」

「恋愛とは」

「浮気とは」になると、
お互いの言葉の意味付け(定義)を明確にしないと、ややこしいことになってしまうのです。

発酵と腐敗の違いから分かること

先日ある方が「発酵と腐敗の違い」について仰っていました。

その違い、あなたは何だと思われます?

実はね、人間にとって有益なものを作るのが発酵で、そうでないものが腐敗。

もうビックリですよ!
これが発酵と腐敗の明確な定義だそうです。

 

牛乳が発酵していくとバターやチーズになる。
でも腐った牛乳もある。

その線引きが「人間にとって有益かどうか」

 

もしかすると、腐った牛乳に、人間にとって有益なものが含まれていたかもしれないのに、気づかなかっただけかもしれません。
もし何かが発見されたら、それは腐敗ではなく発酵になる。

 

何が言いたいかというと・・・・

自分では「こんな○○の部分がある自分なんてダメだ」と思うことがあったとしても、別の人が見ると、短所ではなく長所に感じているかもしれないってこと。

自分にとって嫌な部分かもしれないけど、みんながそう思っているとは限らない訳です。

 

また自分にとって辛い出来事や嫌な出来事があったとしても、それがあったからこそ、
心が鍛錬されて未来の自分に繋がった、ということもあります。

 

見方が変われば、悪と思いしものが善になる。
逆もまたしかり、ですね。

 

なので「自分は○○に違いない」と思うその見方を、
一度疑ってみてもいいかもしれません。

人に聞いてみるのが一番いいですね。
出来ればあなたが苦手だと思っている人に聞いてみるのがいい。

なぜならばあなたが苦手だと思っているその人は、あなたの中では
「あり得ないことをする人」だから。

そんな「自分とは全然違う」と思う人の視点を聞くと、腐敗だと思っていたものが、発酵に変わるかもしれません。

お互いの定義を明確化してみる

先述した昔の私と夫のように、

自分はAが当然だと思ってるけど、
相手はBが常識だと思っている。

これだといつまででも平行線のまま。
そして相手の態度に、いつまでも怒りや不満をぶつけてしまうことになってしまいますね。

なので、相手のことが理解できない、相容れないと思ったら、
一度お互い定義を明確にする。

「こうするのが常識」という一方的な見方で、相手を裁いていることって大いにありますからね。

 

例えば「浮気」に悩んでいる人がいるとしたら、
彼に「浮気とはどういう状態を指す?」
と聞いてもいいですね。

するとこちらが考えていたこととは、全く違う定義が出て、びっくりするかもしれません。

それを聞いた後、二人で話し合い、折り合いながら
二人にとって一番納得できる定義が出来るといいですね。

期間限定小冊子プレゼント

無料メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを
築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を
傷つけあうのではなく
お互いを高め合える
関係性になれるのか?

そのヒントを

【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた
“たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと
豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

さらに今なら
メルマガ登録頂いた方全員に

「パートナーへの不安・イライラを何とかする方法」をプレゼント中!

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように

あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

詳細とお申込はコチラから

「もう二度と失敗したくない!」

ダメンズに振り回される
浮気、DV、モラハラ…

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
これどうしてか分かりますでしょうか?

『いかなる問題もそれが起きたのと、
同じレベルで解決することはない』

アインシュタインの言葉です。

だからこそ自己流だと時間ばかりが
かかってしまう

客観的なプロの視点があると、無いとでは大違いなのです。

自分を被害者にさせず
誤摩化しも美化もさせない。

本当の意味で賢い、しなやかな大人の女性になること。
それは誰もが可能なこと。

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー、フラクタル他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。

【保有資格】
・生涯学習開発財団 認定プロフェッショナルコーチ
・米国NLP協会認定NLPTMマスタープラクティショナー
・フラクタル心理学カウンセラー3級
・原田隆史リーチング講師