経営者の妻になる資質?アゲ妻サゲ妻の違い

湯川です。昨日東京に戻って来ました。

今回は和歌山、京都、名古屋で仕事をしてきたのですが、京都にいる間、娘と会ってきました。修論も無事終わり、卒業が確定しましたが、まだ後輩に研究の引き継ぎやら色々と忙しいみたい。

そんな中ではありますが、今私の仕事の一部を彼女に任せており、娘と仕事関連の方と3人で食事をしました。

そういう時はたとえ親子であっても、娘は私の事を社長として、敬語で話してくれます。


また仕事もキチンと報連相をやってくれており
「なかなかじゃのぉ〜」と思うワケです(笑)

これが出来るのは「縦社会」で揉まれて来たからこそ。

中学高校の頃から、先輩後輩の縦社会ガチガチの部活の中で生きてきたことが、社会人としての一歩に役立っているのだなあと、しみじみ感じた次第です。

身内には甘い?家族経営

さて、私のプログラムを受講されている方は、ご自身が経営者というかたもおられますが、ご主人が経営者であったり、親が社長で、ご自身がそこで働いておられるという方もおられます。

そこでよく起こるのが、身内感を仕事に持ち込むということ。

つまり「甘え」です。

「これくらいいいよね」「これくらい分かってくれるよね」

これが仕事に出ると、仮に仕事を一生懸命やっていても絶対的に得られないものがあるんですね。

それは「信頼」なのです。

身内だからこそ厳しさを

特に仕事の出来る男性であればあるほど、パートナーや子どもが仕事に持ち込む身内感や甘えに対して、厳しい目を持ちます。

たとえ身内であろうと、ちょっとした甘えを許す事で、スタッフとの心のほころびに繋がる。それが取り返しのつかないことにまで発展してしまう可能性に危機感を持っておられるからです。

だからこそ社長である親や夫は、妻や子どもがそのことを一番に理解し、自らを厳しく戒めてくれることを望むんですね。

それが出来ていない妻や子どもは、社長である親や夫にとって、非常にリスキーな存在になるのです。

だからこそ、パートナーや子どもが経営に身内感を持ち込んだ地点で、根本的な部分で信頼できなくなるわけですね。

「ちょっとくらい」という脇の甘さが全てに出る

実はリスキーな存在を、あろうことか私自身がやっていました(汗)
もう18年以上も前の話です。

夫の経営する会社で、まさに私は、身内感を出しまくっていたんですよね。

 

当時小学1年生の娘を学校に送り出してから、今度は嫌がる息子を何とかなだめ保育園に連れて行き、会社に到着すると9時ギリギリ。

夫から「アルバイトでも8時半に出勤しているのに何てざまだ。もっと早く出勤しろ」と言われていたのです。

今から思えば当然のことですが、その当時の私は
「だって仕方ないじゃない!それにちょっとくらいいいじゃないの」と心の中で反発していたのです。

そのくせ「私は頑張っているんだ!」と思い込んでいたのですから
ホント目も当てられません(苦笑)

一事が万事、このように身内の甘えを出しては、夫からド叱られておりました(苦笑)

 

当然、社長である夫からの信頼は、この時の私はホント得られませんでした。
(実は当時の私は、夫の信頼こそが欲しくて欲しくて仕方ないものだったという…)

でもなぜ信頼を得られないのか、その理由を全く分かっていませんでしたね。

夫は家族だし、れくらいのことは許してくれて当然だと思っていたので、そりゃ分かりようがありません(苦笑)

だから怒る夫のことが理解できませんでしたし、そんな夫のことを当時は尊敬もできていなかったと思います…。

いやー、ホントお恥ずかしい限りです。

甘えの出る原因ー親に対してどう思っていたのか?

縦社会で上を尊敬できないルーツや、どこまでも甘えの出るルーツは、やはり親との関係性です。

親に対して子どもであるあなたがどう見ていたのか?

子どもの頃に親が言った事に対して素直に「はい!」と聞いていたかどうか。

むしろ反発したり、親の事をバカにして見下していると、大人になった時、目上の人に対し素直に「ハイ!」と言えません。

子どもの頃は口一杯な事や文句を言っていても、親は許してくれていたでしょう。
でも社長や上司にそれを言うのは許されません。当り前ですよね。

まとめ

家族であっても仕事となれば「縦社会」であることを腑に落とすこと!!

そのことが本当に理解出来ると、次のステップとして心から夫や親である社長を尊敬し、立てることができるようになるんですね。

すると社長は経営に集中できますから、結果的に会社も家族もぐぐーっと底上げすることが出来ますね!

 

*湯川からの今日の一言

 ちょっとくらいという甘えが社長を苦しめていることを知れ!

 

脱・被害者意識!
自分軸を持った幸せな大人の女性に 生まれ変わるための無料メール講座
https://www.reservestock.jp/subscribe/104943

苦しい感情に振り回されてしまう女性が
依存心や被害者意識を手放し、 本当の愛を手に入れられる方法を
ステップバイステップで学べます。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。