頑固は損!あなたの未来を左右する聞くチカラ

湯川です。

昨日の夕方から和歌山に帰って来ております。仕事をしている部屋にいると、波の音、鳥の鳴き声が聞こえて来るんですよー。ホントのどかですよね〜。

さて、今日のお題はコチラ

あなたは人の話をちゃんと聞けていますか?

この問いを言われた時、ほとんどの方が「ええ聞いてますとも!」と答えると思います。
会話も成立しているし、特に問題は無いと思っているかもしれませんね。

ところが、自分の「改めるべき所」について言われた時はどうでしょう?

耳で聞いてはいるけど、
心の中では見事にシャットダウンしたままだったり、していないでしょう?

それって聞いてないんですよね。・・・、つまりは「聞きたくない」のです。

「あなたには言われたくない!」

「自分の事は自分が一番分かってる!」

と思っているかもしれませんね。

話を聞けていない人の特徴

以前にも言いましたが、
話を聞いていない人は、自分が人の話を聞けていないとは全く気づいていません。むしろ問題が起こっても、相手のせいにしがちです。

特に親からの言葉、パートナーからの指摘は、聞く耳を持つのが難しそうです。

近くにいる分、的を得ているのです!図星なのです!(苦笑)
そしていつも同じ言葉を言われてないでしょうか?

「もっと素直になりなさい」

「本当に頑固だね」

「なぜ謝れない?」

「いつも自分が正しいと思っているんだね」等々・・・。

面と向かって言われるとイラっとしたり、不機嫌になったりね(苦笑)
こうやって私達は「聞けない」のです。

話を聞けない理由

聞けない一番の理由は、「アンタだって人のこと言えないじゃないの!」と反発する気持ちがあるから。だから聞いてしまうと「負けたような気になってしまう」のかもしれません。

でもねー、本当のところは自分でも「薄々気づいて」いませんでしたか?

気づかないフリや、これくらい大した事無いだろう、と思っていた所、ズバリ言われてしまうと、意固地になって素直に認められない気持ちは、よーくわかりますとも(笑)

そう思うとね、耳に痛い指摘やアドバイスというのは、未来の自分からの声 かもしれないなと思うワケ。未来の自分の声を、誰かを通して伝えてもらっているのかもしれません。

それにね、未来の自分が、今の自分を苦しめようとするハズなんて、無いのです!!!

だとしたら、「言い方」や「誰から」というのはさておき、その内容をキチンと聞いておく方が、自分の為かもしれませんね。

一旦は受け止めてみる

なのでまずは「黙って聞く」

すぐに言い返すのではなく一旦、「聞くことに徹する」をやってみませんか?

そのときのポインとは「そうだとしたら」という思いで聞くことです!

 

さて明日は夫と奈良まで行き、実父のお墓参り。父が亡くなって丸5年です。
本当に早い。近況報告やこれからのことを墓前に話してこようと思います。

もちろんその時にふと湧いた思いは、素直に聞きますよー(笑)

*今日の湯川の一言

聞くチカラがあなたの未来を左右する!
「黙って聞け!」

そうそう過去にこんな記事もかいておりました。これも参考になると思います。


この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。