「正解探し」で疲れてませんか?

相談の中身は「絶対失敗しない方法」

湯川です。今日も東京は快晴でしたねー!

さて、、、、、、。夫と離婚を真剣に考えていたあの頃、私はいろんな人に相談していました。

「この状況で離婚するのは正しい?」

「やっぱり修復したほうがいい?」

結局自分の判断に自信がないので、いろんな人のアドバイスを聞いては「より確実な方」を選ぼうをしていたんですよね。

学校のテストならば決まった正解がありましょうが、人生には唯一の正解なんてありません。なのにあの頃の私は、必死で「正解探し」をしていました(苦笑)

とは言え、今思えば、不安や葛藤、迷いを感じながらでも、そこから逃げなかった自分。最後は「離婚はしない」と決断し「自分を徹底的に見つめる」という選択をしたあの頃の自分に、大きなマルをつけてあげたいです(笑)

後悔しない選択はあるのか

離婚する、しない、はどちらでも良いのです。大事な事は、後悔のない選択を自分がする、ということだと思うのです。

じゃあ、AとBどっちが後悔しないんだろう?と思うと、そこでまた迷ってしまう…。さらにそれが大きな決断であればあるほど、一層なやみ、不安ゆえ、誰かに答えを求めてしまう。

その気持ちは、ホントによく分かります。

仮にAを選んだとしても、選ばなかったBのことを「あの時選んでおけば良かったんじゃないか」とクヨクヨといつまでも悩んじゃったりする訳です。

どっちを選んでも悩むのであれば、「どっちを選んで後悔するほうがいいのか?」という視点で考えてもいいかもしれません。

いづれにしても決定的な唯一の正解って無いのです。トライ&エラーで積み重ねて行くものなのだ、という考えを持ってみると、選択も少しは楽になるかもしれませんね。

またその選択を、採用すると決めるのは「自分」ですし、採用しないと決めるもの「自分」。自分がどうするかについて選択するのは、常に「自分」なんですよね。

誰に何と言われようとも、あなたの人生の責任をとれるのはあなただけ。

だから、自分のことは自分で決めるしかないのですよ。

そんな湯川が、普段から大事だと考えている事はこの2つ。

 間違いのない正しい人生を選択するのではなく、
どんな選択であっても「自分が決めて」いくこと


 その選択した人生に対し、どんな環境でも楽しめる
「しなやかな強さを持つ人間になる」こと

先ほどもお伝えしように、そもそも唯一の正しい選択や、逆に間違った選択ってありません。

確かに一時的にみると「間違い」と見えし現象であったとしても、10年20年のスパンで見た時に「あのことがあったからこそ」と思えることなんて、山のようにあります。

大事な事は選択した道から、教訓を学び、自分の糧としていくこと。

「正解の道を選ぶのではなく、選んだ道を正解にしていく」ということなのです。

参考記事:

そんな選択を重ねて行く度に、自己効力感が増していくんですね。

ここで言う自己効力感って、無力さや弱さを売り物にするのではなく「自分も捨てたもんじゃないな!」という感覚と言えばいいでしょうか。

それは自分の人生に「これでよかったんだ!」と、マルをつけることであると、湯川は思っています。

まとめ

選択した結果、「間違った」と思えば、途中でやり直せばいい。でも「ケチ根性」を出すと、少しのエネルギーで100%間違いのない答えを求めてしまう。

つまり「保証」がないと、自分では何ひとつ決断できず、動けないってことになります。

するとそんなものは無いので、時間ばかりかかって、気づけば「こんな歳になってるやん!」なんてことに!!それって本当に時間が勿体なーい!

未来を思い煩うことなく、過去に囚われることもない。

今、目の前に起きていることを受入れて、ここから何が出来るかを考えていきましょう。

 

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、フラクタル、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。