X’masー親の愛に気づく時

湯川央恵です。

X’masですねー。皆さんいかがお過ごしでしょうか?

我が家は家族と楽しい食事と映画を楽しみましたよ。

さてXmasの思い出というと、何が思い出されますか?

自分の生い立ちを振り返ってみる

私はお寺で生まれ育ちましたので、あまりクリスマスっぽいイベントはありませんでした。

心の中で望むプレゼントではなく、ノートや鉛筆、姉と私の2人で1つのオモチャや中古本。

クリスマスってテレビの中だけがきらびやかで、子どもの私にとっては「なんだかなー」というように感じていました。

ある年のクリスマス、夜遅くに父がベロベロに酔って「サンタさんのお帰りやー!」とクリスマスケーキとブーツに入ったお菓子を持って帰って来てくれたことがありました。

心の底で、かすかにまだサンタを信じていた私は「え?サンタってお父さんだったの!?」と子ども心にショックを受け、そんなショックを与えた父親のことを「親なら子どもの夢を守るべきなんじゃないの!?」

なんてエラソーに思っていましたねー。

親として精一杯のことをしてくれていた。

今ならそう思えるのに、何とも贅沢なことを願っていましたね。

親の立場で迎えたX’mas

年月が過ぎ、今度は私が親の立場となり、子どもたちとどんなクリスマスを過ごしたして来たかと言うと・・・。

毎年サンタさんに12月になるとお手紙を書かせておりました。

書く事はきまっているのです。

  • 今年一年のお礼
  • 欲しいプレゼント
  • その理由

これを娘と息子は毎年書いていたのですが、③のその理由に子どもの個性が出ると言いますか・・。

娘は素直に「◯◯が欲しいからお願いします」と書くのですが、息子は欲しい理由、自分になぜこれが必要なのかを「それ、ただの屁理屈やろ!」と思うくらいにアレコレ書く訳です。

それを夫と読みながら、クスッと笑ったり温かい気持ちになりましたね〜。

子供らしいおもてなし

ある年から「サンタさんもプレゼントを配り歩くのはさぞ大変であろう」ということで子どもたちから自主的にサンタさんへのプレゼントを置いておくようになったんですね。

それはプリンだったり、チョコレートやクッキーだったりするのですが「多分喉が乾くと思う」と私が言った事で、ある年から缶ビールが置かれるようになりました。

翌朝、子どもたちへのプレゼントとともに、用意していたクッキーが食べてあったり、ビールが空っぽになっているのを見て、きゃっきゃと騒いでいたのをついこの間のように思い出します。

そして毎年子どもたちからこう聞かれます

「ねえねえお母さん!サンタさん見た?何か言ってた?クッキー美味しいって言ってた?」ってね。

私も悪のりして「ビールはアサヒよりサッポロがいいらしい」とか「冷蔵庫に冷やしておいてくれる方が有り難いと言っていた」とかね(笑)

子供達を通して気づいた親の愛

そう思うと私はプレゼントをもらっても「なんだこんなものか」と全然喜ぶ顔を見せない事で、親の事を随分傷つけてきたのだと思いました。

何だかんだ言っても、親は子どものことを思っているんですよね。

やはりそこには圧倒的な「愛」があります。

でも子どもには大人の愛は大き過ぎて見えない。

自分にとって分かりやすい形じゃないと「愛じゃない!」と思うのが子ども。

でもね、親は子どものことを思っているからこそ、酔っぱらってもプレゼントを持って帰ってくれるし、こどもの夢を叶えてあげようとするんですよね。

さて皆さんのところにはサンタさん、来ましたか?

まだ来てないのであれば、一日遅れでもサンタさんが来て、何か良いことがありますように!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

まずはじめの一歩を踏み出したい場合はこちらが参考になります。

★オンライン講座初級編★

オンラインなのであなたのお好きな時間に、いつでも学べるのが特徴。
何からどうやっていけばいいのか分からない方の「はじめの一歩」です。

http://www.reservestock.jp/subscribe/MjQ2YzQ0YzM3N

相談したいという方はこちらからどうぞ
http://www.reservestock.jp/page/reserve_form_week/3521

 

o0288010213828035335

IDは@znm5618oです。ブログには載せてないプライベートな投稿もしています

この記事を書いた人

湯川 央恵

幼少期からの家庭環境が将来のパートナーとの関係に大きく影響するということを 自らが夫婦関係の中で体験、

解決したことを機に、学んできた潜在意識、NLP、アドラー他心理学、認知行動療法等を融合し, <ダメンズ引寄せ心理学の専門家>として活動。

クライアントに寄り添いつつも、問題点にズバリと切り込む独自のセッションが好評。

恋愛結婚の悩みのみならず、子育て、職場などの人間関係に悩む人たちが、自分らしさを取り戻し、真の自立を目指す女性になるまでの必要なアクションをきめ細かくサポート。

全国、海外からもセッション希望の問い合わせが多数寄せられている。