湯川です。
今日は風が冷たい!でもお天気が良かったので、洗濯物がガンガン乾きました(笑)
さて、先日来より上司とそりが合わずに大ケンカしてしまった、男性クライアントYさんの事例をお伝えしています。
読んでおられない方はコチラから

そりの合わない上司と遂に大げんか!

親の愛は偉大すぎて子どもには見えないもの

周りは完璧であるべき!?

そもそもなぜこんなことになったのか?
それはズバリ 子どもの頃に親に持った高い要望 でしたね。
つまり「オレに合わせてくれて当然だ!」「オレの望むようにすべきだ」という強い思いがあったから。
自分の外側はいつも完璧であるべきだと思っているので、自分から合わせる、という考えが無かったんですね。
「男の子 泣く」の画像検索結果
お父さんがキャッチボールを教えてくれた時も、ただ自分は遊びたいだけだった。余計な事をするなと、随分斜め上から見ていた、ということでした。
自分から人に合わせて行くのではなく、
何でもかんでも「自分以外の人が自分に合わせてくれて当然」
という思いを持ってしまっていたので、このような事になったわけです。

人の言う事を素直に聞けないのは損!

自分に合わせてくれない父親が悪いと思うと、折角キャッチボールが上手くなる方法を教えてもらっても、耳に入って来ません。
素直に聞いていれば、もっと上手くなれたはずなのに…。
「聞く耳」の画像検索結果
これが今、上司のダメ出しを素直に聞けない自分、という姿になっていたというワケなのです。
この上司の言いたい事をキチンと聞けると、さらにYさんは伸びるハズです!!

思い込んだ「型」通りに無自覚のまま繰り返される

でも子どもの頃に持った思い込みのパターンは、こうして無自覚&自動操縦で繰り返されます。
いろいろありましたが、結局のところは、子どもの頃に持った「自分に合わせるべき」というルールと「素直に人の話を聞けない」というこの2つが、今苦しい局面に立たされているYさんの根本原因でした。
特に人の話を聞いていない人は、自分が人の話を聞けていないとは全く思っていません。
無自覚なのです。
「会話」の画像検索結果
だからこそ何か問題が起こっても、それは自分に問題があるのではなく、相手に問題があると思ってしまうんですね。

周りの人が察してくれていた事に気づく事

同時にそういう方は自分の「伝え方」に、根拠の無い自信を持っています。つまり「伝わっているハズだ」と。
しかしこれまで、いろんな方のセッションをしてきましたが、人の話を聞けない人に共通するのはコレ!
「言葉が足りない」
しかも、圧倒的に足りません!
「言わなくても分かるよね」「それくらい察しなさいよ」と思っているので、そもそも「伝わるように言ってない」んですね。自分のアタマの中では至極分かりやすく伝えているつもりなのですが、主語が抜けていたり、いつの話をしているのか、分からないことが多いの。
「会話」の画像検索結果
要するに、これまで自分の周りの人が、散々察してくれていたので、伝える努力をする必要がなかった、ということなのです。そこをしっかり理解する必要があるのです。
でないといつまで経っても、理解しないのは相手のせいだ、になってしまうと自分自身を変えようとしませんから。
Yさんとは個別セッション以外に、心地よいコミュニケーションの聞き方・伝え方を個別レッスン致しました。同時に湯川から「合わせてもらって当然」という思い込みをハズすための、ある課題も出させてもらいましたよ。
こうして幼い頃に持った親への期待が、見下しに繋がり、それが、自分の未来創造のブレーキになっていたとは思いもしなかったYさん。
これからはさらに自分の未来を創って行くことが、加速することになるでしょう。今後のYさんの活躍が楽しみです!!
 
 
さて、明後日土曜日から博多です。
個人セッションを行うのですが、初めてお目にかかる方ばかりで、とっても楽しみ。
翌日の日曜日はセミナー。恐らく博多開催は4年ぶりになると思います!
さーて、今からその準備だー!!
 
湯川 央恵


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!