過日、クラフトビール製造のヤッホーブルーイングさんの工場見学に行ってきました。
いつもと違う切り口から今日は「大人の魅力」についてお伝えしたいと思います。

「ヤッホーブルーイング」魅力の秘密

「よなよなエール」「水曜日のネコ」「インドの青鬼」で有名なここのビールって、どれも個性的。
味もネーミングもパッケージも他とは一線を画していますよね。

そういうプロダクトやファンづくりって、どうしているんだろう?と思ったのが、今回行こうと思ったキッカケ。

魅了的な人や組織にあるもの

湯川が見たこの会社の魅力は、ズバリ「社員一同が真面目にフザけている」

これ、めっちゃ褒めてます。つまりこの会社には「ユーモア」を認める空気があるのです。

遊び心というか、ユーモアって眉間にしわを寄せていると、出て来ないんですよね。
真面目と深刻は全く違うし、深刻さの中からは、ぶっ飛んだ発想もビジョンも生まれない。

真面目はそれだけで素晴らしい資質です。ですがそこにユーモアが加味されると、途端に魅了的になりませんか?
湯川の周りの人で、魅力的な人は総じて「ユーモア」がある人。

ユーモアって余裕がないと生まれないの。
なのでいつも自分のことで必死になっている人からは出てこない。むしろ周りのことをよく見ているから、ユーモアって出てくるんだと思うのです。

ヤッホーブルーイングのスタッフさんは、すごく周りを見ておられましたし、なによりお客様をいつも見ている姿勢を感じましたね。

「自分にはユーモアがない」という方は、自分のことしか考えていないんじゃないですか?ということを問うてみるといいと思いますよ。

それとこの会社名「ヤッホーブルーイング」という名前も面白くないですか?
この謂れを聞きましたところ、こんな答えが帰って来ましたよ。

「ヤッホー」って山のこだまのこと。この長野の山の中で「ヤッホー!ねえねえ!美味しいビールが出来たよー」という意味でこういう名前になったんですよ、と。

うーん、やっぱりふざけてる(笑)

ヤッホーブルーイングのコアなファン

私が行った時、この工場見学にもう6回来てるんです、というコアなファンが何人もいらっしゃいました。

 

 

 

 

 

見ていると工場を案内してくれるスタッフさんと、そのファンはお客様と会社との関係というよりも、大切な友達、という感じだったんですよね。

後でスタッフさんに、この会社のファン戦略はなんですか?と聞くと、こんな風に答えておられました。

フラットな組織とファンとの距離感

「直接原因ではないですが、社長はじめ社員全員がお互いニックネームで呼び合うフラットな組織にあるかも」

と。社長のこともニックネームで呼んじゃうってスゴいですよね。

ちなみに社長のこと、何て呼ぶんですか?と聞くと「テンチョー」とのこと。
社長のことをテンチョーって、しかも平社員がそう呼べるカルチャーってスゴいですよ。

だからこそ面白いものが作れるし、インパクトのあるプロダクトを投げ込めるんだと思いました。社長と社員との距離感と、会社とお客様の距離感が同じなんですね。近いのです!

工場見学の最後はおまちかねの「試飲タイム」

 

 

 

 

 

5種類飲めるのですが、どれも作り立てで最高!最後はワタシ、相当酔ってしまいました…。

ということで

ヤッホーブルーイング大人の醸造所見学ツアー。
ビール好きはもちろんのこと、そうじゃない人も是非行って欲しい!

そしてここで「魅力のある人」や「コアファンづくり」についてぜひ学んで来て欲しい。
学んだことがあれば、湯川まで教えてくださいね!!

 


無料動画メール講座で学ぼう

どうすれば不安や苦しい関係性ではなく
幸せなパートナーシップを築くことができるのか?

大切な人や大切な家族を傷つけあうのではなく
お互いを高め合える関係性になれるのか?

そのヒントを
【無料メール講座】離婚寸前の主婦が、
再び幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れた”たった一つの方法”とは?

で、23日間毎日一通づつ、幸せなパートナーシップと豊かさを手に入れる方法を
湯川の事例を用いて余す所なく、お伝えします!!

 


 

毎月限定枠:個別体験会

あなたの悩みをじっくり伺い、明日から即行動出来るように
あなたの幸せに直結するヒントや手がかりを持ち帰って頂くのが
「パートナーシップ心理学アカデミー個別体験会」

 

「もう二度と失敗したくない!」

浮気、DV、モラハラ…
子供っぽいダメンズに振り回されるのは、もうこりごり。

手痛い経験をした時は、本当にそう思いますよね。
でも気づけばまた同じことを繰返している。
なぜそうなるか分かりますでしょうか?

未来を良くしていきたいなら
「今」これからの行動を変えて行くことなのです。

あなたの未来を変える、確かな一歩がココにあります!